洋裁と鉄道と・・・。夫婦で綴る、趣味の雑感。 ブログへのご感想、作品へのお問い合わせは yuzunoki1127@gmail.comまで。


by zakkan-daily

カテゴリ:旅( 187 )

想い出を掲げたヘッドマークが展望室に鎮座する。
(いずれの列車も乗せて頂きました)
c0291710_07510101.jpg


久しぶりに鉄道旅のお話です。
貸切列車 サロンカーなにわ「ハッピートレイン白馬」京都↔︎金沢 日帰りの旅に参加してきました。そのレポートでぇございます。



11月11日
姫路在住のFさん、Nさんと待ち合わせ。
姫路802発ひかり460号で出発。
c0291710_07510122.jpg

また行商人みたいになっております。笑

偶然隣席になった、見ず知らずのお客さんも巻き込んで(!)フライングです。
朝からシャンパンで乾杯。
c0291710_07510296.jpg


京都駅前集合。
挨拶も束の間、すぐにホームに案内されます。
売店で買い物しているうちに、元トワイライトエクスプレスのEF81形電気機関車に牽引された客車列車「サロンカーなにわ」が入線。
c0291710_07510225.jpg

慌てて乗り込みます。京都926発車。

車内は、360度回転可能で45度ごとに固定できる3列のリクライニングシート。快適に過ごすことができます。
c0291710_07510271.jpg








が、我々姫路軍団6人の席は山科付近でこうなりました。(笑)
c0291710_07510300.jpg

サロンカーなにわ備え付けのテーブルを利用。


我々を乗せた列車は秋晴れの湖西線を快走。
(Pさん撮影)
c0291710_07510346.jpg



ハッピートレインの名の如く、今年結婚された我々のグループ、Kさん夫妻を幹事様より祝福。
c0291710_07510333.jpg


車内では、記念品頒布、販売のほか、リアルな車掌さん、販売員さんに扮したいつもの?皆さんが盛り上げてくれました。
大宴会が目立つ5号車金沢寄り一角、多くの方が足を止めてくれました。


この模型、ほしいなぁ…
c0291710_08401379.jpg




呑んだくれているうちに1307金沢到着。
一昨年前同様、東京赴任中のIさんが迎えてくれました。
c0291710_08401395.jpg


金沢到着後、回送までの間、最後部のガラス内側に列車名の由来、往年の臨時急行「リゾート白馬」を模したマークがガラスに掲げられました。
c0291710_08530726.jpg


予約してもらったお店へ移動。
c0291710_08401456.jpg


2時間の金沢観光は居酒屋でした(笑)
c0291710_08401485.jpg



復路は1530発。Iさんのお見送りを受けて出発。再び宴が始まります。
c0291710_08401424.jpg


1983年、サロンカーなにわ誕生時の特別な記念スタンプが今回の車内に設置されました。大阪の丸ビルが時代を感じます。
c0291710_08401565.jpg


黄昏時。
c0291710_08401584.jpg

車内放送では、サロンカーなにわが誕生した、国鉄高砂工場に当時勤務されていた方の貴重なエピソードを紹介。車両により寸法が異なり、椅子の向きが変えられず現物あわせになったとか、東のサロンエクスプレス東京に伍した高砂工場の拘りもあったそうで…興味深い話でした。


今回、じゃんけん大会の賞品に自作のジオラマを提供しました。大荷物の迷惑も顧みない強制お持ち帰り(笑)
これは新潟の羽越本線をイメージしたもので、ミニサイズの寝台特急「日本海」が走ります。
ラウンジカーのカウンターに展示。サロンカーなにわ車内にジオラマが飾ってもらえるとは嬉しい限りです。
c0291710_08401694.jpg

その決勝戦が最後尾の1号車展望室ラウンジで行われるとのことで、私も立ち会います。敦賀を過ぎたら開始とのこと。

ところが北陸トンネル通過中、ブレーキの匂い?で焦げ臭いなと思った矢先、敦賀に到着してもなかなか出発しません。
c0291710_08401662.jpg


6号車を点検。決勝どころではなく、案内があるまで一旦自席に戻ります。
ホームで作業員の方が見守る中、約30分遅れで出発。車内から拍手が起こりました。緩解不良だったのでしょうか?


気を取り直して決勝戦です!
c0291710_08401659.jpg


優勝された親子でお越しのお客様、おめでとうございます!(左側の方)
c0291710_16465710.jpg

次回は「なにわ」が走る風景も考えないと⁉︎


遅くなりましたが、やっとお腹が空いてきました。往路で提供された「井筒屋」の弁当。いつもながら食べ応えがあります。
c0291710_08530752.jpg


湖西線、堅田付近まで帰ってきました。
椅子、テーブルを所定の位置に戻しましょう。1910頃、約30分遅れで京都到着。


200人以上の大人数ゆえ、遅延もあり、挨拶を交わすまもなく慌ただしく流れ解散。
先に新幹線で姫路へ帰る皆さんと別れ、i君とラーメンを食べてから在来線で帰宅しました。




帰宅後、自分の衣類や布類から共通の、ほのかな香りがします。
食べこぼしの食品臭などではなく、国鉄時代の列車独特の金属や油のような匂いです。昔の特急雷鳥と同じような懐かしい香り。
「匂い鉄」ゆえ敏感です。(笑)
旅は終わっても、この匂いがまだまだ乗車している気分にさせてくれました。



賑やかな遠足の1日。しかも貴重な客車列車、サロンカーなにわ。笑いっぱなしの1日。
今年は複数の濃い貸切列車を味わう機会に恵まれました。

昭和、平成を駆け抜けた電気機関車EF81とサロンカーなにわ。新しい御代でも仲間と楽しく乗れますように!

c0291710_18331770.jpg

回復運転のため新疋田駅を猛然と通過。
車内では白熱のじゃんけん大会。
(Pさん撮影)

お世話になった皆様、ありがとうございました。



大人の遠足〜サロンカーなにわ 宴会列車の旅(完)







by zakkan-daily | 2018-11-11 23:11 |
夜汽車の風情。(吹田付近)
c0291710_02500859.jpg



9月21日
1夜限りの臨時寝台特急、サンライズ出雲93号が運行されました。
運転区間は京都→出雲市。山陰の観光キャンペーンに伴うもので、京都始発の夜行列車自体久しぶりです。

仕事帰り、いきなり当日に乗れるチャンスに遭遇しました。終点出雲市まで行きたいところですが…翌日は息子の運動会のため帰らねばなりません。

乗車区間は京都→姫路
寝台特急改め、通勤特急です(笑)
短距離でしたがレポートでぇございます。

c0291710_08035538.jpg


京都駅6番線に2157入線。
c0291710_08035660.jpg


ものすごい人だかり。京都に現れた寝台特急が珍しいのか、車内を見ようとする人と乗客が入り乱れ。

あの、僕、切符持ってるんやけど乗せて…
c0291710_02500937.jpg


今日は仕事帰りのワイシャツで場違いな乗客。見た目で誤乗扱いされないか心配?

自室はシングル。降りるのもったいない。
c0291710_08035630.jpg


定刻2214
喧騒の中、列車は静かに出発。
c0291710_02500957.jpg


見送りと乗客は見たことのある顔ぶれがたくさん。さながら同窓会みたいになります。京都駅ではお見送りの方とゆっくり話す時間がないまま出発。

そして大阪ではM君のお見送り。
c0291710_08035661.jpg


シングルツインの部屋に招いて頂きました。
c0291710_08035739.jpg


あれこれ話しているうちに、姫路2348到着。042まで約一時間の大休止。
Yさんが出迎えてくれました。

なんと車内放送では、
「本日は特別に、姫路名物えきそばの営業と駅弁の立ち売りを行なっております」

えきそばに大行列!
長年えきそばを愛食していますがこんな光景は初めてです。
c0291710_08035703.jpg


駅弁立ち売り。
c0291710_08035831.jpg


飛ぶように売れています。

事前に持参したえきそば回数券で、USJエクスプレスパスの如く1番にえきそばにありつけた方々も。笑

販売口にはサンライズ出雲93号の文字が。
c0291710_08035857.jpg


5.6番線から発着する営業列車が終了しているからこそ為せるサービス。
社員の方が山陰の観光パンフレットを配布されていました。
c0291710_08035802.jpg


深夜の姫路駅。
京都の騒ぎとは対照的に、まったりと停車時間を堪能できました。
c0291710_08035954.jpg


c0291710_08230279.jpg


c0291710_08230286.jpg


c0291710_08230216.jpg


042出発
後ろ髪を引かれつつ、お見送り。
まねき食品社員の皆さんも手を振ってお見送り。大盛況だったようです。
姫路駅6番線から岡山方向に出発するシーンは貴重です。
c0291710_08230348.jpg


姫路は出雲街道の起点。古代より都と出雲の往来は、現在の姫新線に沿ったルートで、龍野、津山を経由し中国勝山付近から山を越え伯備線沿いに米子へ抜けました。後鳥羽上皇、阿国、小泉八雲も通った街道。

運用の都合とはいえ、出雲の国へ向かう列車が補給ポイントとして姫路に羽を休めるのは大変意義深いと思いました。

お会いした皆さん、引き続き良い旅を!
もう帰りの電車がなく、Yさんに自宅まで送って頂きました。

夜行列車はいつもの景色や見慣れた駅が特別になる不思議な力。
次回があれば終点まで行きたいものです。

眠いですが運動会の場所取り行かないと…
このまま起きていたほうがよい?

通勤特急⁉︎サンライズ出雲93号(完)






















by zakkan-daily | 2018-09-22 02:22 |
♪ジオラマは 夜汽車に乗って 嫁いでゆくの〜

「はしだのりひことクライマックス」風に(懐)
c0291710_10060704.jpg


久しぶりの旅レポートでぇございます。
友人が主催する貸切列車に乗車してきました。

行先は東京。両国駅に9月8日 9:15集合
7日夜、自宅から少し北上。
なぜか佐用からスーパーいなば10号に乗車。岡山へ弓を引いて出発です。
c0291710_10060878.jpg


岡山から寝台特急サンライズ出雲号で上京します。しかし、大雨で1時間以上の遅れ…
c0291710_10060836.jpg


結局、日付が変わり95分遅れで到着。
先着の瀬戸号と慌ただしく連結。
c0291710_10060915.jpg


車内は両国発の貸切列車に参加する方が10数名。さながら同窓会の様相となりました。まあ、このままの遅延で進めばなんとかなるかと。
c0291710_10060956.jpg


姫路乗車組を迎え、床についたのは2時くらいでしょうか。

目が醒めると、掛川市付近を160分遅れて走行中。予定がなければ乗り続けますが、このままでは集合時刻に間に合いません。静岡から新幹線振替です。
c0291710_10061042.jpg

こだま630号で上京。
c0291710_11591157.jpg


東京926着。
旅慣れた方の迅速な誘導で移動。なんとか両国駅集合に間に合いました。
両国は電化前、古くは房総方面へのターミナルとして栄え、気動車が出入りしていました。その栄華を偲ぶように臨時列車用の行き止まりホームが残されています。ここから乗れるとは!
すでにお座敷電車「華」が入線し参加者は乗車中。のんびりしていられません。
知り合いの皆さんが多数。
c0291710_10061073.jpg


両国 1015出発
c0291710_10061147.jpg


貴重となったお座敷電車「華」6両編成に100名強の乗客。規定数の集客は大変だったと思います。
普段は旅客列車の走らない貨物線を経由したり、駅ではない信号場に停車したり、ユニークなルートで夕方まで走り続ける貸切列車。
両国→誉田→新小岩操車場→金町→南流山→鶴見→浜川崎→鶴見→品川

このうち新金線、馬橋支線、東海道貨物線、品鶴線は貨物専用の路線ですので、通常乗れることはありません。


が、、例によって私の席の周りはこうなります。基本的に「呑み鉄」
c0291710_10061149.jpg


主催のIMDさん撮影「華」の掛け紙
特製弁当の中身。
c0291710_11591235.jpg


ボードで記念撮影。乗客が楽しめる演出が盛りだくさんです。
c0291710_11591295.jpg

ここには載せていませんが、他に数々の素敵な記念品を頂きました。

レゴブロックで「華」を作ってきた方も。
(撮影許諾済)
c0291710_11591290.jpg


途中、外房線 誉田駅で30分の停車。唯一ドアが開く時間です。
c0291710_11591306.jpg

皆さん駅前のスーパーマーケットで買い出し。


車内で餃子(笑)
貸切列車ならでは。
松阪ポーク餃子は美味しく、お惣菜のクオリティが高い店でした。
c0291710_11591373.jpg


いつもの如く、呑んだくれて笑っているので、あまり写真がありません。


「おぅオリちゃん飲むぞ。こっち来い」

「なんや、ぎょうさん酒あるやんか」

という定番のシーンは不変です。笑


画像をお借りして様子をご紹介します。
(IMDさん撮影、掲載許諾済)
間に合わなかった両国駅入線風景。
c0291710_11591349.jpg

JR千葉支社による両国駅の案内
c0291710_13024786.jpg

誉田駅にて
c0291710_11591439.jpg


c0291710_11591425.jpg


c0291710_11591485.jpg


c0291710_13024754.jpg



c0291710_13024766.jpg




(以下は筆者画像)
ツアーも佳境に入り、じゃんけん大会です。
記念品にジオラマ3点を提供しました。車両付き、走ります。
お持ち帰りに考慮して製作しておりますが、強制持ち帰りは罰ゲームみたいです。
ジオラマは作るもの、配るもの。

一応、貸切列車のテーマと地域にちなんでおります。

トランク鉄道(縮尺1/150)
貨物線をイメージ。廃線跡あり。
c0291710_13024702.jpg


トランク鉄道(縮尺1/150)
千葉ということで、いすみ鉄道をイメージ
c0291710_13024854.jpg


素麺箱の軽便鉄道。(縮尺1/80)
千葉ということで、昔の九十九里鉄道みたいなイメージ
c0291710_13024891.jpg


行商人の如く、夜行列車に積んで参りました。
子供たちより…大きな子供達が嬉しそうですね。
c0291710_13024940.jpg


熨斗付きです。笑
(この2点のみMさん撮影)
c0291710_13024973.jpg

c0291710_13024919.jpg


めでたくGETした少年が大事に抱きしめているのが印象的でした。


品川が近づいてきました。楽しく歌っているNDTさんがいます。笑
c0291710_13024983.jpg


日が傾き、主催のIMDさんより挨拶の放送が入りました。
c0291710_13554794.jpg


見えない部分には、いろんな苦労や気遣いがあったと思います。外は晴れているのになぜか自分の前だけ窓が曇ってきました。
楽しい時間はあっという間でした。

品川駅で解散後、居合わせた数名で中華バイキングへ。達成感みたいな疲労感と談笑、腹がはち切れそうになるまで食べます。バイキングには夢がある?
c0291710_13554767.jpg


IMDさんと別れ、新潟のYさんと散策後、東京22発の寝台特急サンライズ出雲号で帰ります。
c0291710_13554888.jpg

往路でご一緒したメンバーも数名同乗。

突然出発前に現れた皆さんにビックリ!
賑やかにお見送り頂きました。
c0291710_13554833.jpg




横浜までお付き合い頂いたMさんと別れたあと、茅ヶ崎付近からすぐ寝てしまったようです。
気がつくと定刻に大阪でした。



サンライズを岡山で下車、スーパーいなば1号に乗り換え鳥取まで行き、智頭急行と姫新線で帰宅予定でしたが、大雨で山陰方面の列車が多数運休していることを岡山到着直前で知ります。
サンライズ出雲号はこの先も予定通り運行。鳥取方面はこのままサンライズに乗り、米子乗り換えで急遽振替に対応。
さてどうするか…
c0291710_13554975.jpg


発車まであと1分…
今回は企画乗車券なので終点は鳥取。もっと乗りたいのは山々ですが。


結論は岡山下車。


判断は正解で、関西〜山陰の鉄道が全面運休になったことを後に知ります。

素直に赤穂線経由で姫路まで帰ってきました。
締めの撮り鉄…改め、鷄天えきそば。
c0291710_13554951.jpg


予定より早く帰宅。旅が終わりました。
放牧から早く帰ってこいという手綱なのでしょうか⁉︎

ハプニングあり、笑いあり、感動ありの貸切列車。
余談ながら…
10年近く前、趣味のHO鉄道模型を通じてお名前を伺った方に、今回の貸切車内で初めてお会い出来るという偶然もあり、ご縁を感じました。


浜川崎駅構内の草生した線路を見ながら思いました。
貨物線は時刻表では見えない重要な線路。時には枝葉のように別れ、黙ってそれぞれ役割を担い、もう列車が来ない線路は土に還りながらも確かに使命を果たしたことを黙って教えてくれます。(←廃線跡マニア)

貸切列車の主催者は企画、JRとの交渉など、すべて今日まで目に見えない苦労があるはずです。主催者、協力の方々との連携で乗せてもらった列車。

そして、顔を合わせて話が出来ることの嬉しさ。(画面で人は判断できないよ)

呑んで食って笑って、お客さんで乗っていただけのオッサンですが、お世話になった皆様、ありがとうございました。



特別な貸切列車〜関東1都3県貨物線の旅〜(完)
長文にお付き合いありがとうございました。










































































by zakkan-daily | 2018-09-09 10:15 |

帰省の旅〜2018夏 後編

新潟へ向けて帰省の旅。後編です。

8月12日

朝からボリューム満点です。妻と子供達の分を手伝って満腹。
c0291710_20065892.jpg


宿から見える能登島。
c0291710_22160484.jpg


宿の心意気を物語る書が床の間に…
c0291710_20065960.jpg

毎度ながら食べることに重きを置く宿を選ぶ傾向が…
しかしながら、綺麗な庭園もあります。
c0291710_21140946.jpg


七尾に城があったとは知りませんでした。最後は前田家の居城だったそうです。日本100名城のひとつ。
地元高校生によるパンフレット。
ここでもラピュタかい(笑)
c0291710_21480511.jpg



道草を終えて、よろっと新潟を目指します。
昨夕からのレンタカーで出発。
無料自動車専用道路 能越道を走り、富山県へ。能登→高岡の早道です。
県境のパーキングエリアにて。
c0291710_20065912.jpg


道の駅 ひみ番屋街へ。
結構賑わっていました。
c0291710_20065969.jpg


18年ぶりに富山湾を望む雨晴海岸を見学。氷見線の列車は時間が合わず。晴れると立山連峰が見えます。
c0291710_20070005.jpg


今回のレンタカー。軽自動車デイズ。ちっちゃなセレナみたい?想像以上の動力性能でした。
c0291710_21141011.jpg


新高岡駅で車を返却し、3年ぶりの北陸新幹線に乗車。
ちなみに新高岡は初めての利用でした。あとは黒部宇奈月温泉駅と飯山駅を利用すれば北陸新幹線全駅制覇…
c0291710_20070067.jpg


上越妙高駅から特急「しらゆき」5号に乗換。
c0291710_20070192.jpg

もう少しゆっくりしても良かったのですが、上越妙高から新潟方面への本数が少なめなのがネック。

1530くらいには帰宅できました。

今回は北陸路の道草。みんな良い思い出が出来たようです。
仕事がある私は妻と子供達を残して、14日に単身クイックターンです。
チケット手配でお世話になった担当者様、お会い出来た皆様、ありがとうございました。

帰省の旅〜2018夏 (完)







by zakkan-daily | 2018-08-14 21:30 |

帰省の旅 2018夏〜前編

夫でございます。
今年もやってきました。夏の新潟帰省。総集編でぇございます。

今夏はシンプルに?北陸経由+道草です。

8月11日
新大阪844発 サンダーバード9号に乗車。
c0291710_18451483.jpg


金沢到着直前、Oさんが我々を自宅から撮影、金沢駅では仕事の合間にKさんがお出迎えくださいました。

すぐに21世紀美術館へ移動。
混雑するループバスなどよりも、駅前6番乗り場のバスが穴場です。全て21美に停まります。
c0291710_18451432.jpg


四年ぶりの訪問です。再訪しても楽しい施設。
c0291710_18451531.jpg

とにかくチケット売り場は大混雑で前売券を買っておいて正解でした。

こんな展示も!
そういえば息子は家を出る前、早朝からラピュタのビデオを観てましたが…
c0291710_18451560.jpg



とにかく暑い金沢。観光客と帰省客で大混雑。バスで駅に戻り、本日のメイン、金沢1415発「花嫁のれん」3号に乗ります。
c0291710_18451591.jpg


我が家が利用した2号車。
c0291710_18451607.jpg


1号車は個室風。
c0291710_18451602.jpg

指定席特急料金で乗れる観光列車です。

工芸品の展示も。
c0291710_18451778.jpg


事前予約でスイーツが提供されます。
辻口博啓 氏 監修のケーキ。
c0291710_18451775.jpg


焼菓子も。
c0291710_19272418.jpg


きらびやかな和風の列車ですが、キハ48形ディーゼルカーを改造したもの。JR型のキハのほうが乗り心地良いかも…
さておき、キハの中でケーキが食べられるとは…感慨深いものがあります。

我が家が家族連れなのか、ペーパークラフトをもらいました。子より喜ぶ父(笑)
c0291710_19272485.jpg


約1時間15分で和倉温泉着。
もう少し乗っていたいです。
c0291710_19272494.jpg


和倉温泉駅前でレンタカーを借り、能登島へ。能登島大橋、渋滞しています。
c0291710_19272539.jpg


定番は水族館ですが、我が家はそちらに向かわず島の辺境へ。里山里海の狭い道。
c0291710_19272586.jpg


「バニファランドのとじま」
能登まで来てウサギです(笑)
c0291710_19272696.jpg


エサを持っていると集まってきます。
c0291710_19272673.jpg


金沢のウサギ専門店が数年前に開設した、ウサギとアウトドアを絡めた施設。
偶然にも夏の特別企画で入場無料でした。
c0291710_19272646.jpg


ウサギさん達と戯れたあとは、橋を渡り七尾市内に戻ります。
c0291710_19272714.jpg


和倉温泉街から離れた、七尾城跡麓にある宿へ。
c0291710_19272794.jpg


和倉温泉は繁忙期で満員、時期的に予算も限られます。敢えて和倉の海沿いにある温泉街を外したのですが、これが正解でした。外国人観光客でごった返す巨大旅館よりも、5組しかいない閑静な宿。
料理旅館を謳うだけあって、海の幸は確実に美味しい。オフシーズンは相当コストパフォーマンスに優れると思います。
c0291710_19373136.jpg


日頃の疲れを癒して!
c0291710_19373154.jpg



後半に続きます。

















by zakkan-daily | 2018-08-14 21:30 |

SL放牧物語 2018春

会津若松駅に堂々の入線。
(Fさん撮影 掲載許諾済)
c0291710_20142583.jpg

*我々が乗っている列車を撮影してくださいました。(3両目に乗車)


帰省中の楽しみのひとつ、いえ最たる楽しみ。

それが「放牧」

放牧なくして帰省はありえないのです(←言い過ぎ…)
2年ぶりにSLばんえつ物語号に乗車してきました。

スタートは115系電車です。弥彦線が最後の砦となりました。西燕まで往復。
c0291710_20142631.jpg



新津に着くとSLばんえつ物語号の牽引機C57形蒸気機関車が準備中。客車の連結作業を眺めます。
c0291710_20142647.jpg


そうこうしているうちに学生時代のいつものメンバーと集合。
会うのは昨年夏以来です。

C57の運転席を見せてもらい、オッサン4人が記念撮影。
c0291710_20142659.jpg


これは運転するの難しそう。
c0291710_20142752.jpg


今年から新津始発になりましたが、そのぶんサービスする時間に余裕が出来たようです。駅ホームでは駅弁や新津の物販も。この機会に鉄道の街、新津が盛り上がればよいですね。

1004 出発進行!
早速呑み鉄開始です。
c0291710_20142743.jpg


S君は津川で下車しました。
c0291710_20142760.jpg

例によって、重油併燃の如く呑んだくれていたので沿線風景の写真は殆どありません(笑)H君が持参した学生時代の懐かしい写真を見ながら話が弾むうち、換算1.2升がカラに…

サロンカーにて。
c0291710_20142874.jpg


山都駅にて。
c0291710_20142892.jpg



会津若松到着。郡山のF夫妻が仲良く出迎えてくださいました。昨年の夜行サロンカーなにわ以来です。

早速、喜多方ラーメンとソースカツ丼。
c0291710_20142928.jpg


前回は酔っ払いで喫茶店のカキ氷で済ませたのでリベンジです。

会話も束の間、すぐに折り返し時間。
会津若松駅ホームにある「四季島」の乗車位置。伝統工芸品だそうです。
c0291710_20345248.jpg


F夫妻に見送っていただき出発。
c0291710_20345394.jpg



復路はグリーン車。
今は新緑の季節。
東北地方の新緑は、関西では見られない素晴らしい緑色です。
c0291710_20345373.jpg


先頭なので展望室には機関車のお尻が見えます。
c0291710_20345335.jpg


会津若松のラーメン屋で頂いた、ゆで卵をアテに(笑)
c0291710_21491701.jpg


ガラス張りの展望室から連結部も見えます。この動きがたまりません(笑)
c0291710_20345402.jpg


サロンカーでは、鉄道研究部による鉄道模型体験を開催中。
c0291710_21491837.jpg

後輩たち、頑張っています!!

SLばんえつ物語号のC57-180は、C57形式で180番目の製造。
SLやまぐち号で活躍する長女、C57-1の紹介もあります。
c0291710_21491889.jpg


席に戻り、ウトウトしていたら夕刻となりました。
c0291710_21491954.jpg


雨が上がり、新潟の美しい夕陽がギラリと水鏡になり、旅のラストを飾る演出となりました。馬下付近にて。
c0291710_21491992.jpg


来年で運行開始から20年周年を迎える、ばんえつ物語号。
最長乗車時間のSL列車、美しい磐越西線の沿線風景など、数々の魅力に溢れています。
個人的には会津若松→新津の復路がお気に入り。8002列車みたいな感じ⁉︎
往路より乗車率は低く、今の時期は夕陽、日の短い季節は夜汽車の雰囲気も味わえます。末永い運行のためにも乗らないと。

新津到着。再びS君が出迎えてくれました。
c0291710_21492056.jpg

皆さんとは新潟駅で別れ家路に。

本日のラストランナー。再び115系です!
c0291710_21492049.jpg


いつも放牧に付き合ってくれる皆さん、日本の何処かで待っていてくれる友人、手綱を離してくれる家族、そして乗車券類の手配に奔走してくださる担当者様、ありがとうございます。
何よりも、家族、友人、皆が健康で会えることに感謝です。

例によって観光はゼロという呑み鉄たる放牧。でも、鼻の穴は汽車の煤で真っ黒。しばし日常を忘れる抱腹絶倒の1日となりました。

次回もよろしくお願い致します。



SL放牧物語 2018春(完)







ランキング応援ありがとうございます。


























by zakkan-daily | 2018-05-04 22:29 |
寝台特急の夜は更けて。
c0291710_17410190.jpg



お久しぶりの旅ネタです。


年末は断念した新潟帰省。5ヶ月振りに叶いました。前回諦めた夜行列車もリベンジ。その道中記でぇございます。



帰宅後、相生から「こだま765号」で岡山へ。
姫路へ行くより地理的に近く、ひと区間乗車で済む相生は便利。
c0291710_17410243.jpg


一旦西へ弓を引いて、岡山からサンライズ瀬戸出雲号に乗ります。

少しでも長時間乗りた…いや、子供達の就寝が遅くなるのを防ぐためです!
c0291710_17410239.jpg


おなじみの瀬戸+出雲併結作業。
チョイ前、チョイ前〜
c0291710_17410383.jpg


一般利用できる我が国最後の寝台列車となりました。我々は出雲編成へ。
サンライズツインに乗車が叶いました。
c0291710_17410384.jpg

家族で乗れる機会はこの先、どのくらいあるのでしょうか。子供達は2回目の夜行列車。年齢からすると、少し遅かったような⁉︎ 気がつけば他の列車は無くなってしまいました。一緒に客車寝台は乗れずじまい。
それでも、前回の乗車以上に楽しんでいるようで、サンライズを選んで正解でした。


1室に集まって夜行列車のお楽しみ。
仕事上がり時間の関係で私は遅い夕食。
c0291710_17410421.jpg

息子は姫路に着く頃、いきなり寝落ちたので岡山から乗車して正解でした。


私は米原まで頑張って起きていました。
浴衣の自撮り(笑)
c0291710_17410462.jpg



相模湾は雨に煙れ夜明けとなりました。
c0291710_17410479.jpg


c0291710_17410522.jpg


定刻7:08 東京着。
c0291710_17410519.jpg


c0291710_17433915.jpg

八重洲地下街で朝食後、上越新幹線に乗り換えて北上します。(続く)

ランキング応援ありがとうございます。








by zakkan-daily | 2018-05-03 20:30 |
新装開店の新潟駅から、余命僅かな115系 越後線で帰路に。
c0291710_19580347.jpg



東京からMAXとき307号で一路新潟に到着しました。新幹線に並ぶ高架化された在来線が新鮮です。
恒例の帰省客でローカルテレビのカメラに映ってしまった(笑)
c0291710_19580412.jpg


新潟駅前のバスターミナル
c0291710_19580498.jpg


バスターミナルとこの見慣れた駅前も含め、数年後には姿を消します。
c0291710_19580404.jpg


万代シティへ移動。元ダイエーですね。
イベント開催中で笹だんごらしき、ゆるキャラがいます。
ちなみにNGT48の劇場もココにあります。
c0291710_19580516.jpg


買い物後、新潟のソウルフード「みかづき」 イタリアン。
久しぶりに食べます。
c0291710_19580517.jpg

清水フード店とか、マイナーな場所に店舗が多い…
3月から値上げしたのね。それでも安い340円(笑)

今夏には解体されるレインボータワー。
c0291710_19580615.jpg



新潟駅に戻ります。
1番線側の待合室に鉄道模型がありました。
見慣れた新潟の列車たちがあります。
でも、急行「きたぐに」が無いやんか!
c0291710_19580643.jpg


昔、特急「雷鳥」に乗る前によく利用した1番線ホーム端トイレは高架化に伴い入れなくなりました。画像のホームにもう列車は来ません。
c0291710_19580608.jpg



4月15日より使用開始となった新しい高架ホームから越後線で帰宅します。新幹線と115系の並び、いつまで見られるでしょうか。
c0291710_19580749.jpg


懐かしい内野駅にて。左側にある小学校の桜並木は葉桜に。
c0291710_20200884.jpg


吉田駅にてラストランナーへ乗り換え。変わらぬインバータ音。この子は弥彦線用で僅かに残っています。
c0291710_20200878.jpg


15時頃には帰宅。
義父母は9ヶ月振りの孫の顔に喜んでくれました。
電車に乗りすぎて身体がフワフワすると子供達は申しております。まだまだ修行が足りんな(笑)


という訳で、“じょんのび”します。
夜行の疲れか、子供達は眠そう。
意外に寒い新潟の夜。

帰省の旅 2018春〜往路編(完)

ランキング応援ありがとうございます。


by zakkan-daily | 2018-05-03 20:30 |
寝静まる駅に自身の姿を映す夜汽車。
c0291710_07482399.jpg


久しぶりの旅レポートでぇございます。
11月3日〜4日
今回は大阪〜倉吉往復、団体貸切列車「ハッピートレインくらよし」に乗せて頂きました。
なんと今回往路は夜行、復路は日中から夜にかけ緩やかな足取りで往年の山陰本線を彷彿させる旅です。
長文ですが、ゆるりとした列車ダイヤの如く、お付き合いくださいませ。

11月3日
スタートは姫路まで気動車、姫路駅でYさんと待ち合わせ、特急スーパーはくと14号で大阪へ。
c0291710_09452697.jpg

今から因幡の国へ向かうのに逆方向です。

最前列席で場内進行!
c0291710_09452734.jpg

ちなみに今日はディーゼル車両の列車しか乗らないことになります。

2130大阪駅に集合。受付後、整列でホームへ案内頂きます。いよいよ列車が入線。
c0291710_09452880.jpg


客車列車「サロンカーなにわ」です。
(画像は鳥取駅にて)
c0291710_09452819.jpg

2212発

「9703発車。機関士さんどうぞ」
「9703発車!」

慌ただしく指定された席に着くと、息つく間もなく列車は静かに動き出しました。

車内では、今年ご結婚された2組のご夫婦をお祝い!
c0291710_09452924.jpg

それにしても精巧なイラストと布プリント。

主催者と協力者による乗車記念グッズ配布時、2組の夫婦が一緒に車内を訪問します。
0時消灯のため、早速配布が始まります。ということで、1号車スロフ14 703に担当者の招集がありました。この車両はラウンジカーで天皇陛下もご乗車された車です。
まだ関係者以外誰もいない展望席を観察。
c0291710_09453038.jpg

私達を引っ張るDD51形ディーゼル機関車の顔が見えます。

私もわずかながら配布に協力させていただきました。皆さん楽しそうです。

配布イベントが終わり、再び1号車へ。
カウンターでの軽食に誘って頂きます。
早速怪しい機械が。
c0291710_09453096.jpg


早速怪しい麺類が。
c0291710_09453143.jpg


11月4日
消灯時間を迎え自席に戻る頃、列車は福知山線の単線区間、丹波市付近を走行中。この辺りから短尺レールになり、タタン タタン リズミカルな音が聞こえます。
c0291710_14581039.jpg

汽笛、レールの音、踏切のドップラー効果。流れ去る街灯。夜行列車の醍醐味。
椅子を倒してしばし微睡みます。
今回は腰痛対策でクッションも持参。万全の体制です。

すると、

「なんや、もう寝よるんか」

「おぅオリちゃんよぉ、ロビー行こうぜ」

予想どおり、東西日本のNさんと目が合います。(笑)

不夜城の1号車に戻り、久しぶりの方々と話に花が咲きます。

ちなみに病みあがりの私はノンアルコールです。約1ヶ月呑んでない。
c0291710_12370414.jpg


深夜の余部橋梁通過。
c0291710_12370503.jpg

*個人情報保護のため顔を隠しています。
(それでも解りそう…)

主催者の方も参加して記念撮影など、宴たけなわ。貸切列車ならではです。
浜坂あたりで自席に戻り、気がつくと寝落ちていました。

列車は鳥取駅で長時間停車。
気がつけばドア開放時刻を過ぎ、皆さん撮影に興じています。起きたのは発車10分前。

撮影しておきましょう。
c0291710_12370684.jpg

往年のキハ181系特急はまかぜ をイメージする特製ヘッドマーク。
我が地域にも通じるデザイン、フォントは国鉄の雰囲気。製作者の方はすばらしい仕事をされています。

c0291710_12370641.jpg

雨に打たれる夜行列車もまた良い雰囲気です。


定刻601に数分遅延で倉吉到着。
体調を踏まえ、倉吉線跡ツアーは辞退。
歩き回るのは避け、予定もありません。
c0291710_13334273.jpg


同行の同級生 i君が駅前ホテルの朝食バイキングを発見。
彼はいつも良い仕事をしてくれます!
c0291710_13334206.jpg


例によって二部構成!ガッツリいきます。
倉吉モーニングものがたり〜バイキング編(笑)
洋食の部
c0291710_13334304.jpg

和食の部
c0291710_13334497.jpg


先にスーパーはくと4号で帰宅のYさんとは朝食後お別れ。

腹がくちて風呂です。「はわい温泉」へ。
湯梨浜町の入浴施設「ハワイゆーたうん」へ路線バスで移動。
同じことを考える方は多く、男10数人が乗り込むと運転手さんが驚きました。いつも空いてるのに自分が担当路線を間違えたのかと。それだけ鳥取の路線バスは厳しい環境ということでしょう。
c0291710_13334457.jpg


羽合温泉。ハワイです。
c0291710_13334511.jpg



温泉近くにある東郷池。日本海とは独立した淡水の池です。
c0291710_13334552.jpg


再び日本交通バスで倉吉駅へ。
c0291710_13334696.jpg

国道179号出雲街道の標識があります。奥津温泉、津山市を経て播磨国へつながる道。野見宿禰が通った道。倉吉市は出雲街道の終点で、山陰道との合流地点。

出雲街道下道で3時間もあれば帰宅出来るところを、今から家まで約12時間の復路。
再びサロンカーの乗客になります。
倉吉1231発
c0291710_13334780.jpg


お弁当が配られました。地元 関金の食材です。前夜から油物と菓子に侵された胃に、おこわ、煮物が美味しい。
c0291710_13334749.jpg


倉吉駅出発時の観光協会によるお見送りに続き、車内では若桜鉄道のPRもありました。

展望室より若桜鉄道の方に手を振り、鳥取駅をあとにします。
c0291710_14581123.jpg



再び余部橋梁を渡ります。雨が止みました。
c0291710_14581111.jpg


城崎温泉。みんな見てますが、この列車は瑞風じゃありません。
c0291710_14581253.jpg


気にせず談笑が続きます。
幸せが詰まった腹。
c0291710_14581245.jpg

*シールですが衣服やお腹に貼り付けはしておりません。あしからず。


福知山駅発車後、夕食に2回目のお弁当が配られました。
アベ鳥取堂の「かに寿司」
c0291710_14581321.jpg

昔から変わらぬ味。

待避時間を長く取り、列車は昔の山陰本線鈍行並みの表定速度になります。

車内はスリッパ履き。
並ぶ靴が楽しさを語っているようです。
c0291710_14581494.jpg


淀川の向こうに街の灯りが広がると終着 大阪。
2149定刻に到着。
c0291710_14581421.jpg

乗客を降ろした列車は、機関士さんの見事な引き出しで回送列車として引き上げていきました。貴重な客車列車サロンカーなにわ、次はいつ乗れるのでしょうか。
自身、腰痛が落ち着いた直後で長時間乗車を案じましたが、何とか持ち堪えました。(楽しみがあると忘れる?)ご心配くださった皆さん、ありがとうございます。
何よりも健康あっての旅を痛感しました。

走り去るテールライト、解散後笑顔で立ち去る人達、旅の終わりは少し切ないですが、物事が終わる時の気持ちは大切なことだと思います。思い出が刻まれた瞬間です。
鉄道模型のサロンカー、モノはいつか壊れたり無くなることがあっても、サロンカーの旅の思い出は消えることはありません。


主催者様、協力者様をはじめ、お会いできた皆様、すばらしい旅をありがとうございました。


ウサギ愛の我が家に好評のお土産「因幡の白兎チョコ」フィナンシェも。
c0291710_15591947.jpg



幸せを乗せた列車〜ハッピートレインくらよし号の旅 (完)
















































by zakkan-daily | 2017-11-05 22:12 |

SLやまぐち号の旅〜後編

津和野からの復路はグリーン車、コンパートメント席。
c0291710_21110811.jpg





津和野到着からの続きです。

街を歩いてみましょう。
c0291710_21110973.jpg

定番の鯉が泳いでいます。
c0291710_21111074.jpg

小京都津和野。
うーん…あとはウチの近所と変わらない⁉︎
[<
c0291710_21111028.jpg
r>
昼食に「うずめめし」
[<
c0291710_21111147.jpg
r>江戸時代、倹約でお上の目を逃れるために、ごはんの下に具材を埋めたのが始まりだとか。出汁ごはんの下に鶏肉とか鮭が⁉︎まさか鰻⁉︎
ワクワク…




豆腐と椎茸でした…(´・ω・)

酢味噌のお造りに見えるものは、鯉かしら?さすが、用水に鯉が泳ぐ小京都。


コンニャク… (´-ω-`)


予想に反しヘルシーなランチとなりました。




駅に戻ると、列車が待っています。
[#Ic0291710_21111288.jpg;
帰りは機関車次位、グリーン車に乗車。
[#Ic0291710_21111231.jpg;
リクライニング席も見ておきます。
[#Ic0291710_21111359.jpg;
我々は車端のボックスです。
なんか食堂車みたいなカーテン。
ガラスの身体のクルーが注文を聞きに来る訳はなく。
[#Ic0291710_21111493.jpg;
マイテ49にあるボックス席を再現しています。椅子のフレーム形状は出色。
[#Ic0291710_21111468.jpg;
レースもあります。
やっぱりこのカーテン、
[#Ic0291710_21295605.jpg;
なんだか緑色の列車みたいです。
[#Ic0291710_21295709.jpg;
展望室には機関車のお尻が。
[#Ic0291710_21295863.jpg;
そうこうしていると、車内抽選で、機関士体験の権利がいきなり当たりました。
3号車にある体験コーナーで、汽車でGO!
[#Ic0291710_21295803.jpg;
展示コーナー
[#Ic0291710_21295944.jpg;
Oゲージ模型。欲しい!
[#Ic0291710_21300088.jpg;
名残惜しくも、まもなく新山口。
運転所の方々がお出迎え。
[#Ic0291710_21300056.jpg;
新山口到着。
乗り換える列車が待っています。
[#Ic0291710_21300163.jpg;
車庫へ向かうC57
[#Ic0291710_21300159.jpg;

新山口→広島は、山口DCオープニング2号に乗ります。我々は最後尾の1号車。
[#Ic0291710_21300247.jpg;
黄昏の瀬戸内海を望み。
[#Ic0291710_21460650.jpg;
日が落ちて車内は夜汽車の雰囲気が。
外は秋の虫の鳴き声になりました。
[#Ic0291710_21460751.jpg;
やまぐち号も含め、車内では顔見知りの多くの皆さんにお会いすることが出来ました。抱腹絶倒⁉︎


2024 広島到着。
[#IMc0291710_21460765.jpg山口へ戻る人、急いで帰る人、いつの間にか解散。


i君と広島駅ビルで反省会。反省は重要です!
定番のお好み焼き。
[#IMc0291710_21460815.jpgボールと牡蠣
[#IMc0291710_21460843.jpg彼は広島泊ですが私は明朝、地区の廃品回収があるので単身、みずほ610号で帰ります。
[#IMc0291710_22351696.jpg家から姫路までの気動車を除けば、新幹線と客車列車しか乗っていない1日。



実は自身36年ぶり乗車のSLやまぐち号。
先代レトロ客車が1988年登場ですので、前回は青い客車ということになります。

国鉄蒸気機関車廃止後 初の復活となった「やまぐち号」がデビュー。話題をさらった華やかなりし頃、私は幼稚園でした。誕生日会の「夢はなんですか」という問いに、

「SLやまぐち号の運転士」

と答えました。

幼稚園の先生の、

「やまぐち号はどこを走っているの?」

という問いに、
国鉄山口線の小郡(現在の新山口)〜津和野、と言ってもみんなどうせ分からないだろうから…
説明が面倒くさい。

「やまぐち」

と答えたドライな子供…
翌年は面倒なので、皆の真似をして「パイロット」などと心にもないことを言いました。

それから幾星霜を経て、シミュレーターで機関士になりました(笑)


お会い出来た皆さん、ありがとうございました。画面のやりとりはなく、やっぱり生身の付き合いがいちばん。
銀河鉄道999風に言えば、機械の身体より生身の身体⁉︎

そして、「君がよければ一緒に行くよ」
の一言で、旅に付き合ってくれたi君、ありがとう。


さて、明日の廃品回収、頑張りますm(_ _)m


SLやまぐち号の旅〜完〜


ランキング参加中です(о´∀`о)。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ


人気ブログランキングへ






























by zakkan-daily | 2017-09-02 22:42 |