人気ブログランキング |

洋裁と鉄道と・・・。夫婦で綴る、趣味の雑感。 


by zakkan-daily

カテゴリ:旅( 201 )


まぎれもなく、機関車に牽かれた列車が走る。(D君撮影、佐古駅にて。私は乗車中)
c0291710_14273724.jpeg
四国の貸切列車に乗せてもらいました。行先は高知。
総集編でぇございます。

21日往路 高松→高知、22日復路 高知→高松の貸切列車ですが、私は日程の都合で22日復路のみ乗車。
昨年も乗ったアイランドエクスプレス四国Ⅱ
今回は自走出来るディーゼル車両を機関車が牽引するという前代未聞の列車!昔の客車列車を思い出します。


では早朝から高知へ貸切列車を迎えに参りましょう。
姫路629発 新幹線みずほ601号
c0291710_14293876.jpeg
岡山から708発「南風1号」で高知へ。台風接近が気になりつつも、連休中なのにずいぶん空いてます。
c0291710_14300365.jpeg
ところがいきなり瀬戸大橋線内の踏切遮断棒折損で18分遅延…

四国に上陸し宇多津で高松発「しまんと3号」と併結。
新型に置き換えが予定されている2000系。併結作業を見られるのも今のうち。
c0291710_14304668.jpeg
四国のお3方と合流です。

なぜか新潟のビールで乾杯!
c0291710_14311341.jpeg

話に花を咲かせながら列車は土讃線の山岳区間を疾走します。
c0291710_14315607.jpeg
しかし瀬戸大橋線の遅延を引きずり、単線の土讃線で行き違い待ちもあり遅れは約30分に増幅。



このままでは間に合わないかも…

途中で降りるか、終点まで行くか、
なんと、高知のひと駅手前、薊野駅(あぞうの)で、我々が乗るはずのアイランドエクスプレスとすれ違ってしまいました!

高知到着後、隣ホームにいる発車直前の上り特急に駆け込みます。
c0291710_14323111.jpeg
乗務員さんが声をかけてきました。
「どうかされましたか?」

「さっき出て行った団体列車に乗れなかったんよ、乗ってきた下り南風が遅れて!」

「あああ、どうぞ」


皆さんは昨日から土佐国を堪能されているかと思いますが、私は高知滞在2分でした。(笑)

土佐大津駅で待避中のアイランドエクスプレスを追い越します。
c0291710_14422047.jpeg

c0291710_14434089.jpeg
後免駅で降りて待つよう指示がありました。

やっぱり決め台詞は、
c0291710_14331385.jpeg

「遅れて ご ・め・ん 」

皆さん大爆笑の中、乗車となりました。
c0291710_14340148.jpeg

ということで、後免で無事いつもの皆さんと合流。
ハプニングも思い出のひとつ。

アイランドエクスプレス四国Ⅱという気動車。今日は特別にディーゼル機関車が牽引しており、足取りはゆっくり。

我々は2号車のサロンカーへ案内されます。もちろん車内では例によって大宴会。いつものパターンで飲んだくれます。

せっかく高知に行っても鰹が食べられない私を不憫に思えたのか、優しい参加者の方が鰹巻きと鰹のたたきを買ってきてくださいました!
c0291710_14441055.jpeg

c0291710_14443050.jpeg
車内で食べる鰹のたたき、最高ですね!
新潟の酒と太平洋の肴の組み合わせ!

さらに乗客皆さんにも主催者より土佐煮、たたきが振る舞われました。
c0291710_14450677.jpeg

こちらはお弁当。酒呑みを意識した内容なのがよいですね。
c0291710_14455188.jpeg

まあ、景色も眺めず呑んで食ってばかり、話題は尽きません。

「オリちゃん、待ってたぜ」というおなじみの声が。笑
一昨日から名前を呼んでくれていたらしく?気にかけてくださるのはありがたいとことです。

このとおり機関車に牽引されています。
c0291710_14485243.jpeg

阿波池田駅で約1時間停車。
c0291710_14464142.jpeg
今や珍しいDE10型ディーゼル機関車。四国にはもうこの1両しかないそうです。
子供の頃、ウチの地元はこれが牽引する客車列車が当たり前でした。

模型みたいな編成。
c0291710_14473499.jpeg

c0291710_14480646.jpeg

c0291710_17514384.jpeg
私は ごっくんに、似てるらしい。笑

阿波池田から徳島線に入ります。ここから四国では有名なベテラン車掌さんが乗車されました。独特の流暢なボイス。お仕事とはいえご自身も楽しまれているようです。


途中駅ではお別れの方を見送り。
c0291710_14543805.jpeg

徳島駅で列車はホームに据え付けられず、車庫に隣接した留置線に止まります。
c0291710_14573288.jpeg

進行方向が変わるのでここで機関車を反対側に付け替えます。
1時間近く構内にいる貴重な体験。(D君撮影)

c0291710_14551058.jpeg

ラストコースは高徳線で高松へ。
四国三郎 吉野川を渡ります。
c0291710_15114080.jpeg

日が暮れると夜行列車みたいに見えます。
一時的に灯かりが消され、昔乗ったムーンライト高知、松山みたい。もちろんカラオケ大会開催中。
c0291710_15075583.jpeg

c0291710_15143478.jpeg

「夢物語四国」のマークを掲げて。
これは寝台列車「夢空間」へのオマージュだそうです。(D君撮影)
c0291710_14581019.jpeg

志度駅では車掌さんに花束贈呈。
c0291710_15111554.jpeg
最後に主催者より挨拶がありました。



ただひとつひとつ言えること。
今日はこの瞬間、この場に居られて本当によかった!
本当にそれだけです。
窓の雨粒か、目の霞か、ぼんやり浮かぶ屋島駅の駅名標を見ながら思いました。


2001高松到着。
高知(後免)から約10時間の旅が終わりました。
アイランドエクスプレス四国Ⅱが自力で引き上げた後、DE10形ディーゼル機関車は単機で帰っていきました。
c0291710_15134025.jpeg


我々も皆さんに見送られ、マリンライナー64号で四国を離れます。
c0291710_15140917.jpeg
倉敷の方は茶屋町で、京都名古屋方面への方とは岡山で、東京方面の方とは姫路でお別れ。五月雨式に解散。

早朝から18時間の放牧が終わりました。

台風が近づいており、新幹線は遅延、夜遅く大鳴門橋は通行止になったそうで間一髪四国脱出。翌日仕事ゆえ足止めだけは避けられました。
やっぱり旅の締めくくりはコレです!
c0291710_16341566.jpeg



夢物語は現実に走りました。いつまでも覚めない思い出を走り続ける、お金やモノのようになくなったり壊れることはない。

誰が一番とか、他人がどうあれではなく、汽車が好きなことは皆同じ…

一年がかりでこのような機会を与えてくださった主催者様、そして日本全国から同窓会のように会える皆さんに感謝申し上げます。



放牧18きっぷ〜夢物語列車の旅(完)








by zakkan-daily | 2019-09-22 23:55 |
ゆずの木さんです。
妻さんです。


うわぁε-(´∀`; )。
ブログ更新いつぶりだろ〜ε-(´∀`; )。


とにかく忙しかった(´;ω;`)!


忙しかったんれす(´;ω;`)

って!


c0291710_10361426.jpg

サンライズ出雲で東京へ。

赤いひなげしちゃんのリネンブラウスと、赤いリネンのスカートで(*´∀`*)。






そして私と息子は国立科学博物館の、恐竜博へ!


c0291710_10402868.jpg


デイノケイルスです!

カッコいいなあ(´∀`*)。感動。


c0291710_10413183.jpg


息子もデイノケイルスになる。

c0291710_10420207.jpg

むかわ竜さん。


c0291710_10570718.jpg

c0291710_10445089.jpg

むかわ竜発掘のストーリー。
NHKでも何度も放送されてますが、漫画で読むとよりわかりやすいです。


c0291710_10463540.jpg


フタバサウルスちゃん、お久しぶりです。


c0291710_10500608.jpg

このイラストのモデルです(´∀`=)。

ただ今、
この水筒カバーを実家の亀ミシンで作ってますが、


実家の家庭用ミシン、久しぶりすぎて亀度にイライラ:(;゙゚'ω゚'):!!




待ち針すらなかった、実家にイラっ!!!

荷造り用PPバンドを滑り止めに使いました。

マグネット定規も無いし、


冷蔵庫から剥がしたマグネット。

凱旋門柄。

ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます!


c0291710_10523578.jpg

イベント近づいて参りました(´∀`=)。

なんでもマーケット

in網干市民センター
8月20日
10時から15時。

ただいま量産ちう・:*+.(( °ω° ))/.:+!



by zakkan-daily | 2019-08-13 10:33 | | Comments(0)
黄昏時、日本海に面した青海川駅。
c0291710_19085865.gif

新潟帰省。私は13日から仕事ゆえ、12日に単身帰宅しました。実際に新潟県から離れるのは夕方ですが、放牧を兼ねて?朝から出発です。
残り少ない115系普通列車でスタート。
いろんなカラーが復活していますが、
c0291710_19104486.jpg

90年代を新潟で過ごした自身にとってはこの組み合わせがしっくりきます。
c0291710_19084827.jpg

途中駅でYさんと合流。
新潟駅を通り過ぎ、新津から五泉まで磐越西線、引退が近いキハ47に乗ります。フリーきっぷならでは。
c0291710_21311506.jpg

五泉から帰りの列車がなく、駅近くからバスで帰ることに。
本日の新潟県下越地方は34℃の猛暑日…
c0291710_21313870.jpg

路線バスが来ました。
懐かしい1995年式の日産ディーゼルです。昔よく新潟市街地で見かけましたが、子会社に移籍して今も活躍中。
c0291710_21320994.jpg

乗客は我々だけ、楽しいローカル貸切路線バスの旅。
c0291710_21324285.jpg

新津駅前に戻ってきました。
駅にこのような施設が。新潟市秋葉区(あきはく)に掛けてある…さすが鉄道の街、新津。
c0291710_21421901.jpg

新潟駅に戻り昼食。ここで助走のビール1杯と1号。
c0291710_21430401.jpg



いよいよ本日のメインイベント、観光列車「柳都Shu*Kura」
車内で日本酒、音楽演奏を楽しむ列車です。
c0291710_21464818.jpg

普段は新潟駅まで来ない列車ですが、新潟まつり、帰省シーズンに合わせて運転。
c0291710_21455655.jpg

結局発車前からこうなります(笑)
乗ってお酒を嗜む列車ですがフライング。
c0291710_21462312.jpg

姫路へ向け気動車で出発!帰路の一部に柳都シュクラを組み込みました。
*乗車券は姫路→東京→宮内→直江津→上越妙高→金沢→山科  +山科→姫路の1周乗車券(えちごトキめき鉄道の連続乗車契約が無いため連続乗車券は出来ないそうです)新潟→宮内は、えちごワンデーパスを利用。
c0291710_21464571.jpg

信越線の新津ー長岡を気動車で通過する機会は貴重。
c0291710_21515207.jpg
試飲が始まりました。
一般販売の3号車指定席は、充分な広さのリクライニングシートです。向かい合わせでも余裕。
c0291710_21534034.jpg

車内で燃料追加投入。
塚山付近から柿崎まで2号車のフリースペースに立って過ごしました。
c0291710_22002248.jpg

柏崎付近より2号車で音楽演奏が始まりました。
そしてこの列車のハイライト、日本海に面した青海川駅での長時間停車中の音楽演奏。
c0291710_22153858.jpg
もちろんあの曲をリクエストしました。
期待通りなのか?楽団の方もドヤ顔です。


黄昏の日本海に流れる「いい日旅立ち」
c0291710_22184233.jpg

酒肴と音楽と風景。すばらしい観光列車です。
気分良くなった乗客の皆さんも手拍子。

直江津で下車、ここでYさんとお別れです。

新潟のおもてなし、飲まされる観光列車シュクラ。いえ、勝手に呑んだくれたんですが…
2人で一升空きました。

直江津からひと区間だけ特急しらゆき利用。
c0291710_22231018.jpg

上越妙高までシュクラに乗ると、金沢方面の北陸新幹線接続に間に合わないためです。

上越妙高 はくたか571号乗換。
c0291710_22260360.jpg

新潟駅で購入した駅弁「えび千両ちらし」
まだ動けるうちに?早速新幹線車内でいただきます。
玉子をめくると、鰻、こはだ、エビ、イカが出てきます。これは美味い!
c0291710_22251896.jpg


金沢 サンダーバード48号乗換。
c0291710_22364526.jpg

子供連れのお母さんより席を代わってほしい申し出。代わった直後寝てしまい、気がつけば敦賀を過ぎていました。
メールが来ています。なんと高槻でPさんのお出迎え。あやうく見落とすところでした。先週も会った軽快なフットワークの方。

新大阪 のぞみ131号乗換。
c0291710_22474820.jpg
上越妙高から恐ろしく早送りで時間が経ちました。
この状態で一人旅は要注意。

ということで最終列車に間に合い帰宅。


時間的には往年の新潟→大阪 直通の特急雷鳥号みたいな感じです。
関西〜新潟を在来線特急1本で半日かけて移動した時代は過去の話。空路に軍配が上がったようです。
乗り換えの手間こそ増えましたが、観光列車から新幹線まで様々な列車で日本海縦貫線の思い出をなぞる帰り道となりました。←後半は寝てましたが。

色褪せない、過去と今日の思い出が明日への糧になることでしょう。


帰省の旅〜2019夏〜単身放牧復路編(完)





by zakkan-daily | 2019-08-12 23:59 |
月夜の下、団らんを乗せて寝台特急が走る。
c0291710_11281784.jpg

久しぶりの更新でぇございます。
今年も帰省の旅路のレポートを書く季節が巡ってきました。
7ヶ月ぶりの新潟帰省。
8月8日 早めに仕事を終え慌てて帰宅。
東京経由、臨時寝台特急 サンライズ出雲92号で出発です。
リニューアルされた姫路えきそば店舗のほうが目立ちます(笑)
c0291710_11295452.jpg

一家でサンライズツイン2室。編成中4部屋しかない貴重な区画。
皆で一緒に乗るのに楽しい部屋。

c0291710_12424567.jpg

大阪で14分の休止。
c0291710_11331131.jpg
次の横浜までドアは開きません。
草津付近から寝てしまいました。

夜が明けて8月9日
目が覚めると熱海付近でした。
サンライズ車内より望むサンライズ。
根府川付近にて。
c0291710_11350801.jpg

定刻623 東京到着。定期列車より45分くらい早く着きます。
Kさんが迎えてくれました。
c0291710_11351288.jpg
我が国最後の寝台特急サンライズエクスプレス。いつまで走ってくれるでしょうか。

妻と息子は国立科学博物館の「恐竜博」へ。
c0291710_12074314.jpg

c0291710_12153836.jpg

私と娘は原宿、渋谷へ。
伝統ある原宿駅。解体が取り沙汰されているようですが…
c0291710_11405149.jpg

原宿駅 皇族用の宮廷ホーム。令和の時代も残っています。
c0291710_11552734.jpg

娘は初めての竹下通り。外国人ばかりです。
退散する頃、ものすごい勢いで人が集まってきました。
c0291710_12172392.jpg
この後は渋谷へ移動。相変わらず暑い…



昼過ぎ上野に再集合後、皆で昼食。
ピザ食べ放題、スパークリングワイン飲み放題の店。
平日ゆえにお得感満載。
c0291710_11541418.jpg
皆腹がくちた頃、強制サービス?のロテサリーチキンをお見舞いされました!
店員さんもニヤリ…
c0291710_11541797.jpg

この後は国立近代美術館、高畑勲展へ。
c0291710_11581097.jpg
遅い昼食後は国立近代美術館で高畑勲展を鑑賞。
アルプスの少女ハイジ、パンダコパンダ、火垂るの墓、おもひでぽろぽろ、かぐや姫…おなじみの作品たち。当初三鷹のジブリに行くつもりがこちらになりました。

撮影コーナーにあるアルプスの少女ハイジのジオラマ。
c0291710_11581633.jpg
ナローゲージ模型が走ります。
c0291710_11582322.jpg


夜行で到着後、展覧会尽くしの1日でした。
腹はバイキングで膨れたが脚は疲れた(笑)

夕刻のMaxとき337号で新潟へ。帰省客で満員。
Maxの2階建て車両もそのうちなくなります。
c0291710_11582759.jpg

トワイライトな新潟へ。長岡市付近にて。
c0291710_11583189.jpg
この週末は「新潟まつり」の最中。本日は大民謡流し。8月、今の時期は人口が増えます。

今年の帰省は泊りがけ旅行を挟まず道草は縮小。
そのぶん夜行列車を加えました。←主催者の趣味。

いつまで走ってくれるのか、いつまで家族だんらんで乗れるか、遅ればせながら夜行列車の思い出が子供達の思い出に刻まれているのは確かです。

おかげさまで両親は元気でなにより。
関西より幾分かマシな暑さ。
わずかな期間ですが新潟の夏を堪能します。

by zakkan-daily | 2019-08-09 23:00 |
三石の大カーブを往く。
(D君撮影)
c0291710_15472383.jpg

*私達は最後部の車両に乗車中。

サロンカーなにわ 貸切列車の旅に再び参加が叶いました。
総集編でぇございます。
*今回は自分が乗っている列車を友人が撮影してくれました。頂いた写真も掲載しています。

この貸切列車は主催者Hさんのお店10周年と主催者Nさんの結婚記念。これはめでたい楽しいはず!

列車は大阪発ですが、早朝かつ荷物が多いため姫路から乗せてもらいました。5号車のみドアコックを開けてもらい乗車。
c0291710_15472426.jpg


サロンカーなにわ×姫路駅が分かる図。
c0291710_15472469.jpg


列車は見慣れた山陽本線を駆け抜けます。

が、結局車内ではこうなります。
c0291710_15472407.jpg


c0291710_15472460.jpg

「オリちゃん、座りなよ」
「昨日飲みすぎてもう酒いらん言うたけど、2時間経って復活しました」

ご期待どおりの展開になります(笑)


万富駅では1時間の大休止。

Yさん製作 レゴブロックなにわ。展望室の屋根カーブと反射円盤が良い感じです。
c0291710_15472508.jpg


例によって賑やかにしているうちに岡山到着。約45分休憩。
c0291710_15472515.jpg


皆さんホームへ。
c0291710_15472522.jpg


岡山を出るとお弁当が配られました。
特製掛紙付。
c0291710_15472629.jpg


中身も豪華です。
c0291710_15472635.jpg


EF65牽引で快走(備中箕島〜早島)
(D君撮影)
c0291710_16203436.jpg

単線区間が混在する過密ダイヤ区間を縫うように走り、いよいよ瀬戸大橋へ。

我々5号車はすぐ後ろが展望室なので歩き回る必要がありません!
c0291710_16203448.jpg


皆さん集まってきました。
c0291710_16203595.jpg


客車列車で瀬戸大橋を渡るのは10数年前のムーンライト高知・松山以来?


四国上陸です。
坂出付近 瀬戸大橋線と予讃線分岐点にて。
(K君撮影)
c0291710_16203551.jpg


瀬戸内海をバックに。
(K君撮影)
c0291710_16203504.jpg


この写真を撮影してもらっている瞬間も、久しぶりに会う皆さんと、とりとめもない話題で笑い転げていました。


運転停車の端岡駅ではB君が仕事の合間にお出迎えしてくれました。
c0291710_16203643.jpg


まもなく高松。
高松運転所の方が手を振ってくれました。
c0291710_16203698.jpg


到着前、車内放送でカモメの声とあの前奏が!
「瀬戸の花嫁」(小柳ルミ子)

お天気に恵まれた瀬戸内海、本日の貸切列車のイメージにぴったりで清々しい気分になる演出。感動冷めやらぬままホームに降り立つことが出来ました。
大阪から休憩を繰り返し、所要約7時間半。乗る楽しみいっぱいの列車。
昔の急行「鷲羽」+連絡船より長時間。
c0291710_16203637.jpg


再会の抱擁(爆)
c0291710_19201045.jpg

ユニークな人達です。

入換作業後、ヘッドマーク取り付けサービスが。主催者とJR四国さんの対応に驚き。
寝台特急「瀬戸」号を模したなにわのヘッドマーク。これまたよく出来た意匠です!
c0291710_16203671.jpg


こちらは正調「瀬戸」
c0291710_16203731.jpg


これは3年前に乗った尾道行サロンカーなにわのヘッドマーク。
c0291710_16505490.jpg


おっ、トワイライトエクスプレス!
よく見ると新郎新婦の名前です。
c0291710_16505462.jpg


香川県のお出迎えファミリーより心温まるお祝いメッセージ。
c0291710_16505433.jpg


1622発、わずか2時間余りの滞在で帰ります。
c0291710_16505588.jpg


低い山が特徴の讃岐平野を駆ける。
(K君撮影)
c0291710_16505534.jpg

帰りは機関車のすぐ後ろになりました。

そんな車内では骨付き鶏をいただきます。
c0291710_16505539.jpg


最後部ラウンジカーでは「うどん」を提供。(Pさん撮影)
c0291710_16505641.jpg


記念スタンプ台(Pさん撮影)
サロンカーなにわデビュー当初のスタンプのようです!
c0291710_16505601.jpg


私もいただきました。
c0291710_19020299.jpg


ラウンジカーのカウンター利用は一般の旅行商品ではあり得ないそうです。
これもマナーの良い乗客に支えられた主催者ならでは。

この数年、サロンカーなにわに乗せてもらった感想。
「つばめを動かす人たち」というドキュメンタリー映画がありましたが、「なにわを動かす人たち」が出来そうです。
主催者、乗務員風?添乗員風?の方のほうが非常対応も含め取説に長けているのですから。(笑)



日が暮れる頃、抽選会が始まりました。
c0291710_16505615.jpg


例によって、強制お持ち帰りのジオラマを賞品の一部に提供させてもらいました。
c0291710_16505609.jpg


主催者の所在地と列車の行先に敬意を表し、それぞれ和歌山の紀勢本線と四国土讃線をイメージしています。
450×350mm、小さいながらも列車は周回走行します。


そして、新郎新婦にささやかながら贈呈。
c0291710_17102951.jpg

(Iさん撮影)

c0291710_17102900.jpg


c0291710_17103089.jpg

トワイライトエクスプレスには冬が似合います。

気がつけば姫路。
降りずに終点大阪まで乗ります。
c0291710_17103061.jpg

今夜は「姫路ゆかたまつり」
車内に負けず楽しそうな風景が広がっています。
ホーム端のカップルもサロンカーなにわの展望室から丸見え…(笑)


あと少しで旅は終わり…
(Pさん撮影)
c0291710_17103099.jpg



結局、5号車と2号車を行ったり来たりの旅。呑んだくれて賑やかなのはこの2両だけでした。一度お尻に根が生えるとなかなか動きません。
仲間うちで賑やかに過ごすことができるのは、貸切列車ならでは。

定番の?いい日旅立ちのメロディが流れ、
2146 大阪到着
c0291710_17103192.jpg


最終列車に間に合わせるため、挨拶も十分しないまま直ちに折り返しとなりました。


最後に、冒頭の三石カーブ画像の望遠ショット。
(D君撮影)
私はどこでしょう?(笑)
c0291710_17212242.jpg


車内いっぱいに笑顔溢れる
Wedding Express
乗客も14系700番台サロンカーなにわも、みんなが祝福する記念日。

2人に幸あれ!


お世話になった皆様、たくさんの思い出をありがとうございました。

婚礼列車の旅〜サロンカーで渡る瀬戸大橋の旅〜(完)







































by zakkan-daily | 2019-06-22 23:59 |
特別な汽車にわくわく。
c0291710_21035397.jpg


昭和、平成を経て令和の御代も活躍する団体用客車「サロンカーなにわ」
今年も貸切列車に乗せてもらいました。

今回は京都〜敦賀の往復。往路は北陸線米原経由、復路は湖西線経由の琵琶湖一周ルート。

8時だよ!京都駅前全員集合。始発で行きました。
c0291710_21035372.jpg

いつもの皆さん、久しぶりの皆さんと再会。

今回は主催者様ご友人(故人)の5回忌としての運行。
2015年「メモリアルトレインびわこ」として初めてサロンカーなにわに乗せてもらった時の主旨に還った列車となりました。

いよいよ入線。ホームに居た一般の乗客もつられてカメラを向けます。
c0291710_21035410.jpg


c0291710_23183070.jpg


我々は5号車。早速テーブルを出して…
今回はムードメーカーの一部メンバーが欠席ですがそれでも実力発揮?です。
c0291710_21035408.jpg


もちろん今回は宴会のためだけではありません。
彦根付近では4年前と同じく、放送が流れ列車は徐行、追悼の汽笛と共に故人を偲び黙祷。この4年、貸切列車を通じて多くの方と知り合い、お会いしたことのない故人のお話を伺う機会にも恵まれました。

そして再び車内は賑やかに。
米原で井筒屋さんの弁当が積み込まれました。変わらず美味しい!
c0291710_21035494.jpg


12時前、敦賀到着。
c0291710_21035517.jpg


今回はDD51形ディーゼル機関車牽引です。やっとお顔を拝めました。
c0291710_21035507.jpg


後ろ姿。
先週、京都鉄道博物館の展示で外したためかテールマークが傾いています。
c0291710_21035528.jpg


貸切バスに分乗して敦賀赤レンガ倉庫へ。
保存のキハ28
c0291710_21035628.jpg


車内も見学させてもらえました。
懐かしい!
c0291710_21563121.jpg


赤レンガ倉庫のメイン展示、HOゲージ巨大ジオラマ。
電化前の北陸線、敦賀の街を再現。
従って蒸気機関車が主力。もちろんサンダーバードやトワイライトエクスプレス、急行きたぐには走っていません。
c0291710_21563173.jpg


各線に停車する列車のライトが常時点灯していることからDCCによる自動制御のようです。メンテナンスを考慮したのかポイントマシンは地表に置いて箱で隠してあります。レールはしっかりバラスト固着のリアルな軌道で錆色に塗ってある。取り替えが大変かも。
一方で大宮や京都鉄道博物館のジオラマは維持のため割り切っているのか、線路周りの造りはアッサリしています。
展示物を製作している身としては、いつもそんなことばっかり気になってしまいます(笑)

c0291710_21563102.jpg


機関区もさることながら、緩くカーブした敦賀駅のホーム。印象を掴んでいます。
c0291710_21563240.jpg


ジオラマの下に潜れる見学場所。
トンネルの中に隠しヤードがあります。82系特急「白鳥」が羽を休めています。特急が駅に停車したままでは不自然ですから。
c0291710_21563267.jpg


上から見た全景。
c0291710_21563206.jpg



参加者の方がレゴブロックで製作された可愛らしい「サロンカーなにわ」
製作者が機関車にご乗車です。
c0291710_21563321.jpg


特別展示品。平成を駆けた敦賀の列車といえば…これです!
c0291710_21563372.jpg



日本海さかな街に立ち寄った後、駅に戻ってきました。
c0291710_21563366.jpg


発車時刻が迫ります。いつまでも見たい組み合わせ。
c0291710_23183094.jpg


恐竜博士のお見送り。
c0291710_23183041.jpg


復路、再び宴会です。毎度おなじみN軍団の皆さんと賑やかに。列車と共に定番の風景となりました(笑)
c0291710_23183185.jpg



復路の展望車内。
初回、2回目の際に使用されたヘッドマークが並びます。
c0291710_23183138.jpg


相変わらず賑やかな我が5号車。
他の号車は行儀良く真っ直ぐ座っていますが、こちらはテーブルを囲んで賑やかな面々。
c0291710_23183140.jpg


あっという間に京都。
サロンカーなにわは車庫へ引き上げていきます。機関士さんが小さな子供に手を振っているのは、機関車は違えど以前のメモリアルトレインびわこと同じ光景。5月の暑い夕暮れ時だったのも同じ。
毎回晴れの日を駆け抜けているようです。

c0291710_23183249.jpg


駅前で主催者様より解散の挨拶。

その後、Yさん、i君と駅近くの王将でプチ反省会を経て、
c0291710_23183200.jpg


Yさんと姫路までスーパーはくと13号に乗車。
c0291710_23183214.jpg


敦賀から自宅までディーゼルエンジンの列車で帰宅となりました。
帰宅すると、汗くさいシャツに、ほんのり国鉄の薫りがしました(比喩ではなく、鉄や機械油みたいな独特なあの匂い。匂い鉄です)

昭和58年誕生の「サロンカーなにわ」
改造元車両の製造から47年。この先いつまで活躍出来るか分かりませんが、出会った皆さんとの思い出はいつまでも色褪せることなく走り続けることでしょう。

c0291710_14323136.jpg

皆さまの夢を乗せて絨毯の上を駆ける。

c0291710_15000359.jpg

山の神様の贈り物
(2点共にD君撮影)

「メモリアルトレインつるが」貸切列車の旅(完)
































by zakkan-daily | 2019-05-26 23:25 |
ゆずの木さんです。
妻さんです。


天下一洋裁会、番組の途中ですが、
ゴールデンウィークなんで出かけてきました。


c0291710_07480280.jpg

出雲大社。

私はツバメちゃんブラウスと赤スカ。

娘はベージュの台形スカートを気に入って穿いてくれてます。


c0291710_07505568.jpg

令和記念。

ハイ。令和!!
c0291710_07481872.jpg


c0291710_07513065.jpg
パパさん出来立てホヤホヤの蕎麦シャツで。


c0291710_07552179.jpg
出雲蕎麦を喰らふ。



こんな変な服着てる人目立つやん、

思ったけど。出雲大社は観光地で、変な服着てる人いっぱい居たから目立ちません。


これからも着てよろしく。


c0291710_07575355.jpg

出雲大社は、稲葉の白兎の神話の舞台になった、だいこくさまを祀る神社。


あちこちにうさぎの石像。

お賽銭とともにお花が供えてあるのが可愛い(*´∀`)♪。

c0291710_08053453.jpg


c0291710_08000438.jpg
ままたまごのソフトクリーム。

c0291710_08003682.jpg
蕎麦シャツでだいこくさまポーズ。


c0291710_08031176.jpg
息子も。
c0291710_08024194.jpg


良い天気で、観光客多かったですわ。
以上。


ゆずの木さんの手作り服を着て、出雲を行く、の巻でした。

ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます!

✴︎今後の予定✴︎
木もれ日祭り


by zakkan-daily | 2019-05-04 07:45 | | Comments(0)
賑やかな貸切車窓に広がる大歩危峡。
c0291710_23405328.jpg


JR四国の観光列車
「四国まんなか千年ものがたり」に乗車してきました。
レポートでぇございます。

姫路635発。往路は普通列車。
神戸方面からの接続がないので空いています。
c0291710_23405474.jpg


岡山でPさんと合流、瀬戸大橋を渡り四国へ。
c0291710_23405402.jpg



今回乗車する「四国まんなか千年ものがたり」号は復路の大歩危→多度津

まずは始発の多度津で往路、大歩危行をお見送り。
c0291710_23405415.jpg


後続の列車で追いつき、琴平でお見送り。
c0291710_23405530.jpg

皆さんと合流します。

琴平→阿波池田は特急、阿波池田→大歩危は普通列車で移動。
普通列車の本数が極端に少ない区間。すでにみんなでワイワイ楽しい時間。
c0291710_23405529.jpg



大歩危に到着。耕して天に至るような地形です。
c0291710_23405506.jpg


途中駅で追い越した千年ものがたりの到着を、地域の方々と一緒にお出迎え。
c0291710_23405606.jpg


駅前の歩危マートへ。
c0291710_23405694.jpg


「ぼけあげ」をアテに。
c0291710_23405646.jpg



約2時間のインターバルを経て、いよいよ千年ものがたりへ。実は初乗車です!
3両編成、各車両の色が異なります。
c0291710_00425549.jpg


我々はこちらの2号車。
イラスト化するには大変なデザイン⁉︎
c0291710_00425514.jpg


なんと2号車貸切。
同車両は供食設備やカウンターがあり、定員が少なくこのような座席配置。
究極のロングシートです。
c0291710_00425568.jpg


出発時、歩危マート社長(80)による法螺貝のお見送り。本当にお元気です。
c0291710_00425684.jpg


多度津まで2時間55分の旅。
特急列車なら振子機能を遺憾なく発揮してスラロームを1時間足らずで駆け抜けますが、こちらは特に急がない特急。景勝地で徐行しながら歩みます。昔から四国山地を縦に貫く土讃線の山岳地帯は運行上の難所で、早くから無煙化、高速化が進められてきました。
風光明媚な沿線を逆手に取った観光列車です。


綺麗な木箱に入った三段重。
c0291710_00425675.jpg


遊山のお弁当を模しているそうです。沿線の料理屋さんによる地産地消。
c0291710_00425697.jpg


おしながき。事前予約の上記お弁当の他、アラカルトのドリンク、軽食、デザートも多く設定されています。
c0291710_02080785.jpg


お飲み物も格別。
c0291710_00425755.jpg


阿波川口駅では、タヌキ衣装の地域の方々によるお出迎えと記念撮影。
c0291710_00425710.jpg


トンネルに入るとまた異なる魅力が。
2号車は囲炉裏をモチーフにしているとか。
c0291710_00425782.jpg

木材の内装は維持が大変だそうです。

デザートとコーヒー。
敷物は徳島県産の藍染ですね。
c0291710_00425718.jpg


アテンダントさんに囲まれ記念撮影。
とても嬉しそうなワタシ。
阿波池田にて。
c0291710_02080741.jpg


沿線のお見送り。案山子と一緒に。
吉野川第一橋梁にて。
c0291710_02080746.jpg


スイッチバックの秘境駅、坪尻駅。
早い桜が。
c0291710_02080836.jpg


坪尻にて。本線の勾配が分かります。
c0291710_02080841.jpg


エンド交換で運転士が反対側の運転台に向かうため、車内を通る時は拍手で迎えるよう案内が促されます(笑)
スイッチバックを印象づける演出。

香川県に戻ってきました。
またまた沿線の方々によるお見送りがあります。
讃岐財田にて。
c0291710_02080860.jpg

何かボードを持っています。
拡大すると…

Kさん一家による恒例のお見送り。JRさんも認めるほど、すばらしい取り組みをされています!
c0291710_02080992.jpg

ご子息、ご令嬢によるセンスあるイラスト。

この子もお見送り。お客さんに大人気。
c0291710_02080999.jpg



琴平到着。最後の大休止。
特別な待合室でアイスクリームが提供されました。木漏れ日ラウンジ…ではありません。
c0291710_02080914.jpg


終着 多度津1716着。
あっという間でした。
c0291710_02081016.jpg


2号車は我々だけの貸切。アテンダントさんとの距離も近く、賑やかにくつろぎすぎて前後の車両を覗いていません(笑)
初乗車で極上の待遇に感動。
何よりも、観光列車の旅は気心知れた皆で一緒が楽しいものです。

「四国まんなか千年ものがたり」

「伊予灘ものがたり」同様、鉄道会社と沿線が一体でおもてなしを体現する観光列車と言われますが、四国ならではの、お遍路さんへのお接待の精神があるからこそだと島外の私は思います。

JR四国は瀬戸大橋線以外赤字だと先日報じられました。少子高齢化、過疎化に置かれた交通機関の宿命かもしれません。
それでも制約の中でも知恵を絞り、生き生きと仕事に励まれる社員の方々の姿に活力を感じます。
近鉄より小さな鉄道会社ですが、JR他社にはないフットワークの軽さが強み。
水色の楽園鉄道、引き続き応援します。


高松市内へ移動して「骨付き鶏」
親(手前)とひな。
c0291710_02370638.jpg


例によって泥酔です(笑)
c0291710_02370654.jpg


帰りは「サンライズ瀬戸」
c0291710_02370683.jpg



終点まで行きたいところですが、今日は始発で家を出て最終で日帰り。朝から18時間以内に帰宅せねばなりません。

瀬戸大橋から望む月夜。
c0291710_02370793.jpg


短距離ゆえノビノビ座席。リネンは次の人のために使用しません。
岡山到着前の様子。
c0291710_02370772.jpg


やっぱり列車旅は楽しい…
来年登場する新しい長距離列車「銀河」
四国の観光列車とタッグを組んで人を呼び込んでは、などと妄想していると本州に上陸、「JEANS STATION 児島」の文字が。先週も来たような。



春の遊山〜四国まんなか千年ものがたり〜(完)























































by zakkan-daily | 2019-03-23 23:59 |
ゆずの木さんです。
妻さんです。

倉敷美観地区からちょっと足を伸ばして児島へ。

c0291710_20524137.jpg

国産ジーンズ第一号のベティスミス、
ジーンズミュージアムへ。


c0291710_20531833.jpg


c0291710_20535161.jpg

うわあ!
古いミシンがいっぱい!

c0291710_20541618.jpg
昔の縫製工場の様子。


c0291710_20545098.jpg
岡山児島地区は、海が近いので米作に向かず、

綿花の栽培をしたら質の良い綿花が取れたそうです。


c0291710_20563845.jpg

c0291710_20564268.jpg
学生服も有名だけど、

デニムも有名。

ちょっと前まで学生服の縫製をしていたゆず子は、胸がキュウンとなった(´;ω;`)。


c0291710_20593806.jpg
ミュージアム二号館は、洗い工場をリノベーションした建物。

パズルみたいに並べられた型紙。
どれだけ無駄なく裁断するか、裁断師の腕の見せどころです。


c0291710_21023483.jpg

c0291710_21023811.jpg



ポケットには金型を使用して、おんなじポケットが安定して大量に縫えるんだろうなあ!


c0291710_21034196.jpg


c0291710_21041324.jpg

c0291710_21045133.jpg

裾上げミシンは自動縫製だって。

その名もユニオンスペシャル!!

c0291710_21104849.jpg



デニム詳しくないけど、この名前からしてカッコいいユニオンスペシャル、

自動で縫う事で、

針と布が少し捻れてよじれ現象が起こる。


高級アパレルでは不良縫製とされる
よじれ現象が、

洗いをかけることによって、味のある色落ちを作る。

自動縫製マシンによる既製品らしさが、マニアに受ける価値になっていく…


って、
アパレルにおける縫製の価値観。
消費者と生産者のズレ。


c0291710_21120489.jpg



こちらは洗いマシンです。
軽石を入れて洗うストーンウォッシュ。


c0291710_21124603.jpg

こちらは、新品のデニムにはきこんだシワを敢えて付ける、ヒゲ型。


c0291710_21135557.jpg

ヤスリで擦るとこんな風にはきジワが。
よく出来てますね!


今でこそ、

地域ブランドが再認識されてきましたが、衣類の国産のシェアはわずか3%。


今はどのように、

どんな工場が、

どんな縫製職人さんが、


3パーセントの国産衣類を支えているのでしょう??


色々考えました。

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます^ - ^。

大人の研修旅行、岡山倉敷、児島編。

完。




ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます!

✴︎今後の予定✴︎

3月31日
おたいしマルシェ
兵庫県太子町斑鳩寺にて
10時から16時

4月14日(日)
のんびりマーケット
兵庫県 播磨科学公園都市(テクノ)


by zakkan-daily | 2019-03-18 20:48 | | Comments(2)
ゆずの木さんです。
妻さんです。


週末岡山に日帰りドライブ行ってきました。


c0291710_19450099.jpg

娘はショッピングモールに行きたいというので、
息子と私は美観地区を観光!



c0291710_19454372.jpg

豆柴カフェも行きました。
カジカジしてるワンコ。
可愛いなあ!


c0291710_19463152.jpg

c0291710_19464335.jpg

ツバメちゃんブラウスと、

深Vネックのジャンパースカート。

コートはmoonのウールで作ったコート祭りはじめての作品。



c0291710_19475980.jpg

おっ!児島デニム!

c0291710_19493638.jpg

其処此処に、デニムのお洒落なショップあります。

c0291710_19501856.jpg

店先にチョコッとデニムのはぎれ売ってたりします。


c0291710_19504756.jpg


これはダンガリー!

ダブル幅で2メートル、1080円。安いですよね!


c0291710_19520641.jpg


雨が降って来たので、
自然史博物館に寄りましたが、


こちらななかなかの昭和レトロワールド!!

ナウマンゾウがパオンパオンゆーててちと怖かった:(;゙゚'ω゚'):!


せっかく倉敷まで来たので、足を伸ばして児島まで!


デニムの聖地を見に行こうーー\\٩( 'ω' )و ////!!


って事で、

後半に続きますが…

ここでちょっと今日のおシゴトでの出来事( ´ ▽ ` )!

「ゆずさあーん!お友達が来てるで〜!」


と呼ばれて行くと、


子ども達が小さい頃通っていた子育て広場の元先生と、そのお友達さん( ^∀^)!


c0291710_20111126.jpg

なんとなんと(・Д・)!!

偶然にもお友達さんは

峰玉緒先生のアジサイ柄のジャケットを着てらっしゃる(*≧∀≦*)!!

もちろん手作り!


オズボーンとお揃いですね(*≧∀≦*)!


ずっとゆずの木のブログを読んでくださっていたそうで、

zappaを訪ねてくださいました^ - ^。

ありがとうございます〜〜!

ブログって続けていると、人と人を繋いでくれるもんですね(´;ω;`)。

感動!!



ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます!

✴︎今後の予定✴︎

3月31日
おたいしマルシェ
兵庫県太子町斑鳩寺にて
10時から16時

4月14日(日)
のんびりマーケット
兵庫県 播磨科学公園都市(テクノ)



by zakkan-daily | 2019-03-18 19:44 | | Comments(0)