洋裁と鉄道と・・・。夫婦で綴る、趣味の雑感。 ブログへのご感想、作品へのお問い合わせは yuzunoki1127@gmail.comまで。


by zakkan-daily

さよならトワイライトエクスプレス

想い出を乗せて、闇の中へ走り去る。
c0291710_23545032.jpg


(IMDさん撮影:許諾済)

12/8 トワイライトエクスプレス客車の廃車回送を高槻駅ホームで見送りました。

3月の運行終了後、最後まで残されていた車両たち。これで本線上を走るトワイライトエクスプレス客車は姿を消しました。
同時に、解体待ちの車両を除くと国鉄時代の寝台客車がJRから消滅することになります。
通過後、たまたま居合わせたメンバーから溜息が漏れ、ひとつの時代の節目を感じる夜でした。


昨年5月から今年3月まで、普段の自分の行動範囲プラスα、大阪〜瀬戸〜倉敷〜新見だけですが、長年見慣れた風景の中、土曜日と火曜日に特別な緑の列車が舞い降りた特別な日々を振り返りたいと思います。


火曜日の昼休み、本当にやってきた!
普段利用する駅の運転停車に感動。
すべてはここから始まりました。
c0291710_20373996.jpg


知り合った方々と、食堂車窓越しの邂逅。
c0291710_20374067.jpg




黄昏の揖保川橋梁。
c0291710_20374171.jpg


娘(当時10歳)が撮影。網干駅付近にて。
c0291710_20374280.jpg


真夏の出会い。上郡駅にて。
c0291710_20374237.jpg


瀬戸駅待合室にて
c0291710_20374322.jpg


機関車交換。
たくさんの方に出会いました
c0291710_20374434.jpg


中庄駅にて。キヤと離合。
c0291710_21082096.jpg


秋が深まるとお祭り騒ぎの沿線は、静かになってきました。
c0291710_21082163.jpg


新見駅にて。
c0291710_21082275.jpg


職員の皆さんがお出迎え。
c0291710_21082393.jpg


美袋駅前にて。この奥に弁当を扱う商店がありました
c0291710_23361111.jpg


木造駅舎に重厚な客車
c0291710_23361287.jpg



1人で見ていたらN車掌さんが声をかけてくれました。
c0291710_21082535.jpg


子供達を連れ回す口実にも(笑)
c0291710_21082599.jpg


沿線では美味しいモノを再発見。出会った方に教えて頂きました。
和気のオムライス
c0291710_21082652.jpg


瀬戸駅前食堂
c0291710_21082743.jpg


11月末、トワイライトカラーのEF65が誕生。
c0291710_21082846.jpg


2016年初運行。初詣の神社境内より
c0291710_22011805.jpg


乗車中の友人をお見送り
c0291710_22012218.jpg


想いを寄せる2人
c0291710_07544413.jpg



日常を駆け抜ける
c0291710_22012481.jpg


列車がご縁の西宮の洋食屋、
ダイニングキノシタさん。
c0291710_23361391.jpg



窓に掲げた想い
c0291710_22012508.jpg


こんなの頂きました。「追っかけ隊」副隊長は隊長以外全員らしい?
c0291710_22012694.jpg


我らが姫新線と一緒に
c0291710_22012650.jpg


3月、運行最終月の大阪駅
c0291710_22012829.jpg


食堂車への積込
c0291710_22012959.jpg


新大阪のカフェにて
c0291710_22013064.jpg


ラストランまであと4回。
いつもの姫路メンバーで伯備線、豪渓へ
c0291710_23361496.jpg


笑顔と興奮の中、通過
c0291710_23361543.jpg


豪渓に集う豪傑
c0291710_07544523.jpg


姫路市内に戻って反省会⁉︎
c0291710_07544533.jpg




その翌週の美袋駅。
桜の便りと共に帰らぬ旅に
c0291710_23361682.jpg


麗らかな陽気とは裏腹に、惜別の念
c0291710_23361720.jpg


最後に見た機関車交換
c0291710_23361862.jpg




最終列車。大阪駅到着。
喧騒を避けて、静かに去りゆく姿を見送りたかった
c0291710_23361944.jpg


大阪〜札幌の運行を終えたあとの2015年度は、山陽、山陰路を走り、クルーズトレインとして、のんびり余生を過ごしているかのようでした。乗務員、クルーの方々にも余裕の表情が見られました。群がる鉄ちゃん対策はそれなりにあったでしょうが。
特に私の場合、日本海縦貫線は、20年以上にわたるお付き合い。雷鳥、白鳥、きたぐに、日本海などの列車でお世話になった車掌さんもいらしたようです。
札幌運行時代は日本一の長距離輸送を担っていたので、思いの外駆け足のダイヤ。ゆっくり外から眺める機会は少なかったのです。

昨年から泊まり勤務も加わり、時には明けで帰り道に西へ向かうことが叶う環境も後押しとなりました。

特別なトワイライトに乗車は叶いませんでしたが、何よりも、播磨、備前国に足を運んでくださった皆さんに出会えたことに感謝しております。トワイライトエクスプレスがなければ成し得なかったことでしょう。そして、乗車されている方々の濃い話を知るたびに、自分のことのように嬉しくなりました。

もちろんSNSの賜物でしょうが、こういうツールは生身の友達付き合いの延長だと思います。個々に事情はあるでしょうが、私は好きな鉄道でゴタゴタしたくはありません。

形あるものは、いつか壊れ、時には奪われることもあります。
トワイライト客車は記憶の中に走り去りましたが、想い出は他人に消すことは出来ません。
死期を悟った猫は、飼い主の前からひっそり姿を消すといいます。何だか少し似ているような…トワイライト客車が闇の中へ消えていく姿を見送りながら思いました。

想い出を胸に収めたあとは、新たな伝説に挑戦、期待です。


さて、困ったことに長時間寒い高槻駅ホームに居たら鼻水が止まらなくなりました。


これは、みずかぜ…

おあとがよろしいようで?



〜さよならトワイライトエクスプレス〜廃車回送に寄せて(完)




by zakkan-daily | 2016-12-09 19:23 | 鉄道