洋裁と鉄道と・・・。夫婦で綴る、趣味の雑感。 ブログへのご感想、作品へのお問い合わせは yuzunoki1127@gmail.comまで。


by zakkan-daily

幼い頃は緘黙でした。〜お母様が洋裁の先生だったりすると、羨ましい話。〜

ゆずの木さんです。
妻さんです。

お元気ですか(^O^)/?
コンニチバンハ。


洋裁ブロガーさんに多いです!


・母は洋裁(または和裁)の先生です。
・母はデパートのお仕立てしてました。
・母は縫い子さんでした。



ウチですか?


ウチは立派なお百姓さんです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!

↑キラキラ顔にしてみました。
無理にテンソンあげてみる。

c0291710_18241291.jpg


※うちの両親ではありません。


しかも、「トト姉ちゃん」ならぬ「カカ姉ちゃん」で、幼い頃母親を亡くし、四姉妹の母親役として、農作業に家事に、てんてこ舞いな母でした。


2、子守はカセットテープとお絵描き帳。


ゆーたら何ですが、絵本読んでもらった記憶はなく、

読み聞かせは昔話のカセットテープ。

c0291710_18241216.jpg


あの市原悦子さん的な語りで、

「山姥が子供の骨をしゃぶる話」

とか、怖すぎだろ((((;゚Д゚)))))))!!

あとはお絵描き帳。

「絵〜でも描いとけ。子供は怪我せず大人しく遊べ。」的な。

おかげで大学まで絵描いてました。
主人も一緒。


3、幼い頃は緘黙でした。


緘黙(かんもく)って知ってます??

大人になって知りましたが、家庭ではよく喋るのに、幼稚園や学校では全く喋れなくなる精神症状。

c0291710_18241326.jpg



お漏らしの癖は無いのに、先生に「おしっこ」と言えずに漏らしてしまう。

給食で「お箸忘れました」と言えずに、一口も食べれない。

姉の後を付きまとって離れない、というのも緘黙症の症状でした。

友達ゼロでした\(//∇//)\。

今の私を知る人は、意外すぎてぶっ倒れるでしょう??

4、そんな私が褒められたのが「タッチの南ちゃん。」

そんなアタクシが初めて小学校で褒められたのが、当時流行ってた漫画、「タッチ」の南ちゃんをノートに描いたら上手いと言われたこと。

c0291710_18241369.jpg


それから、

「褒められるって嬉しい。」

ときづいたのですね。
誰かに認めてもらいたいから、好きなことを頑張る私になった気がします。

5、結局人間、好きなことしかできないのですよ。

そんな幼少期の小さな「褒められ体験」。

c0291710_18241386.jpg


そういうことの繰り返しが、大人になってからのチャレンジ意欲を掻き立てたように思います。

だからね、

私、親に一度も「勉強しろ」とも言われなかったし、「挑戦しろ」とか「頑張れ」なんて言われなくて、ただ農作業で疲れた母が

真っ先に隣で寝てました\(//∇//)\!


よくね、病魔に侵されてまで、舞台に立ってた。


とか、


手塚治虫先生は亡くなる直前まで漫画描いてた、とか。


あれな、名誉のためとか、お金のためじゃなくて。


ただただ、死ぬ間際まで好きなことをいっぱいしたいだけなんですよ。

短い人生で、そこまで情熱を傾けられる「好きなこと」がある人は幸せですよ。

ね???


我が家は地位も名誉もお金もないけど、


夢と食欲だけはいつもあります\(//∇//)\!


長いお話読んでくれてありがとうございます!!!

c0291710_18241471.jpg


我が家の帰省の旅のしおり。
主人が描きました。

Facebookやってまーす!





Instagramやってます♬


yuzunoki1127

フォロー、イイね、大歓迎ですので、お気軽に遊びにいらしてくださいね^ - ^。


c0291710_18241491.jpg



誠に勝手ながら、8月11日から20日まで、夏季長期休暇をいただきます。

メッセージのやりとりには極力応対いたします。
商品発送は21日以降となります。


minneギャラリーはこちら

tetoteギャラリーはこちら



by zakkan-daily | 2016-08-08 17:33 | 雑感 | Comments(0)