洋裁と鉄道と・・・。夫婦で綴る、趣味の雑感。 ブログへのご感想、作品へのお問い合わせは yuzunoki1127@gmail.comまで。


by zakkan-daily

餃子売りの少年

偶然にも新潟県央地域情報サイト「ケンオードットコム」を久しぶりに開いた。

そこには・・・


「燕餃子(つばめぎょうざ)」
で注目を集める燕食品株式会社=燕市杉柳=の代表取締役、長谷川智彦さん(31)は7日、「カフェ・トゥジュール」=同市神明町=でソロライブ「餃子売りの少年。」を行い、歌とギターのもうひとつの顔を披露した。
http://www.kenoh.com/2013/07/08hasegawa.html

この方、実は妻の従弟。

我が家でも「燕餃子」を何度か口にしたことがある。
過去にも記事にしたが、今までの餃子にない「味付き」餃子でクセになる味。

c0291710_2116688.jpg



燕食品ホームページはこちら。
直販または「47CLUBショッピングサイト」でも購入可。
http://tsubameshokuhin.web.fc2.com/index.html


ちなみにツイッター、フェイスブックの画像に、義母と叔母さんが写っていることに気付いた。
そういえば・・大河津分水(信濃川放水路)桜並木の「おいらん道中」イベントでテント販売の手伝いに行ったという話を聞いたな~。

燕食品ツイッターはこちら。
https://twitter.com/GyouzaT

燕食品FaceBookはこちら。
https://www.facebook.com/tsubamegyouza?ref=tn_tnmn

「燕」の縁でヤクルトスワローズにも協賛しているそうなので、スワローズファンの皆様、燕餃子をよろしくお願い致します。

ちなみにスワローズの前身は「国鉄」。その昔、国鉄の特急列車の象徴が「つばめ」だった。


今日、九州新幹線の列車名に「つばめ」が存在する。
折しも燕餃子は九州産の豚肉を使用している。
ここはJR九州とコラボして、新幹線「つばめ」パッケージの餃子なんかお土産に販売してみたい。
もちろん、パッケージはJR九州の列車デザインを手掛ける水戸岡鋭治氏の監修で。

新幹線になる前、在来線時代の「つばめ」にはビュッフェがあり、九州産の食材を使用したメニューがあったことを思い出した。

今秋より運行開始する豪華寝台列車「ななつ星in九州」の食堂車で提供・・・・夢は膨らむ。
ゴージャスな車内にニンニク臭が立ち込めるわけで;
# by zakkan-daily | 2013-07-11 21:34 | 胃袋
妻です。

今日は洋裁教室の日でした(*^^*)。

んで、まめいちごさんに会いまして…

いただいてきました!!

りすさんのコーヒー!!

りすさんのコーヒーって何ヾ(゜0゜*)ノ?

えっとね、ベトナム土産のコーヒーなんですが、りすさんにコーヒー豆をお召し上がり頂き、それが未消化で出てきたモンを焙煎したコーヒー。

縁あってゆずの木(35)入手!!
試される大地、年女ι(`ロ´)ノ!
(意味不明…)

ここらへんの詳細はまめいちごさんのblogにかいてあります( ̄∇ ̄*)ゞ。
コメント欄まで読んでね。
http://mameichigo24.blog130.fc2.com/

c0291710_1314582.jpg


「旦那さんにも♪」
とわざわざ二個いただきましたm(__)m。

ん?
コーヒーフィルターパックの他に何やらスティックが…。

おっ!!
「sugar」と書いてあるゾ。

てことは、りすさんにお砂糖をお召し上がり頂き、 未消化で出てきた砂糖を精製し…あ、違うか( ̄∇ ̄*)ゞ。

とにかくドキドキΣ( ̄皿 ̄;;。

c0291710_1361273.jpg



中身は普通のコーヒー。

香り。
お~。まいるど。


お味。

ん~。苦くなくこちらもまいるど。

付いていたお砂糖はけっこうたっぷり!

ベトナムでは、この「うんコーヒー」、お砂糖たっぷり入れて甘~くして飲むんだって(*^^*)。

ん~。美味です。

しかしお湯を注ぎすぎて、豆が溢れそうになるとつい、「あ!!うんこがっ!!」と心配しちゃうの私だけか( ̄∇ ̄*)ゞ?

驚愕のりすコーヒー、にわかに信じられず、ネットでも調べましたが、高級品らしいですね!!(゜ロ゜ノ)ノ?

貴重なうんこ…あ、違った!
コーヒー、分けてくれたまめいちごちゃん、ありがとう(*^^*)!

ゆずの木(35)、年女の厄払い!?
完了ですっ!!
# by zakkan-daily | 2013-07-08 19:45 | 胃袋 | Comments(0)
勤務先親睦団体のバス旅行。

幹事の私は京都日帰りの班に参加した。

まずは京都水族館へ。

c0291710_21213877.jpg

内陸部の水族館で初めて海水を再現したとか。
イルカショーを見るが余りの暑さに退出。コンビニでビールを求めて飲んでいたら、汽笛が聞こえ、石炭の匂いがする。
ここは梅小路蒸気機関車館の隣。本当はこちらに行きたかったが団体行動故にガマン;


昼食は高雄の川床料理。
座敷の下を水が流れるものが「かわどこ」で、今回の川沿いの座敷は「かわゆか」なのだという。
c0291710_21221621.jpg


国道162号周山街道で山間部へ。日本画に出てくるような風景。
マイクロバスに乗り換えて到着した川床は涼を取るには十分な場所。

c0291710_21224027.jpg

上品な料理は私には物足りない!?

素麺、鮎の塩焼き…これって、

実は近所でも食べられるものだった。

飲んでいたら、冷たい煮物に箸が進まない。

京都なので川床王将だったらいいのに~等と考えていたら

「全然食べてないじゃない!」

隣の人に突っ込まれる。デザートのスイカも差し上げた。



14時過ぎから嵐山自由散策の時間。

気温34℃

とても散策する状態ではない。

そんなことよりも嵐山といえばJR嵯峨嵐山駅前にあるここしかない♪
嵯峨嵐山駅に隣接する・・・

「ジオラマ京都Japan」

京都の風景をイメージしたHOゲージの巨大ジオラマ。入場料大人500円を払ってドアを開けると・・・
巨大ジオラマの前には本物のEF66電気機関車の先頭部分が鎮座している。
機関車運転席から模型運転も可能。(但し料金は嵯峨野トロッコ列車運賃よりも高い)
c0291710_21233192.jpg


リアルな清水寺もある。
c0291710_2123506.jpg


勿論、梅小路蒸気機関車館も。
c0291710_2124813.jpg


暗くなると夜の帳が下りて星空が広がる。手前の山は五山送り火。
c0291710_21242682.jpg


細部に注文をつけると枚挙に暇がないが、金閣、銀閣、御所、東寺、平等院、龍安寺…寺院の出来映えの素晴らしさは特筆。


気になるのは、走行している列車の殆どは私でも持ってるようなプラ市販品。
0系新幹線、キハ181特急「はまかぜ」、緑とオレンジの湘南色113系、DF50などが見える・・・
業務用レイアウトの過酷な走行に耐えられるのだろうか!?
看板列車!?のEF66のブルートレインなんかT社のプラ製品じゃないか…
ロクロクはもう市場に無いぞ~
余計な心配をしてしまう。
ちなみに埼玉・大宮の鉄道博物館のジオラマを走る模型の多くは業務用の金属製特注品だという。

さて、約10本の列車がジオラマ上を走行している。広大な駅や操車場に多くの列車や機関車が留置してあり、見ていて飽きないが、よく見ると留置線は本線とつながっていない。展示用のダミーとして割り切っていることがわかる。そりゃ分岐があると管理が面倒ですから。ツボを心得ている。
列車の入換はジオラマの下層部に留置線があるという。
バックヤードも見てみたいところ。

暑い中、自由散策に興味のない男性3名を引き連れて行ったが、私があれこれ観察しているうちに、2名は見飽きて先に退出した。


隣接する物販コーナーと喫茶室がある「鐡風館」には、本物の蒸気機関車を展示。
c0291710_2132126.jpg

C58、D51、C56、若鷹号がある。

D51は前頭部のみカットモデルになっている。

屋内で自動ピアノ演奏を聴きながら磨き上げられて保存されている幸せな機関車たち。
いずれも京都に直接縁があるカマではないが、汽車の前で缶ビールを飲みながら涼むのは格別。(まだ飲むんかい)

そうこうしているうちに集合時間。
今日、一番美味しかったのは嵯峨嵐山駅前通りの肉屋の揚げたてコロッケ(80円)だった。
やっぱり私に川床料理は似合わない。

桂川沿いに下って、今年開通したばかりの京都縦貫道・大山崎JCT経由で帰路についた。



以上、やたらジオラマの話が長い?京都観光の1日でした。
# by zakkan-daily | 2013-07-07 21:52 | | Comments(0)

夏祭り行事

本日は息子の幼稚園、夏祭り行事。

先日述べた花火の準備の手伝いで少し早目に登園。やり方を無事思い出す。
副会長のUさんは準備風景を携帯カメラで撮影して律儀。忘れたとか言っていた私とエライ違い。
ところが、激しい夕立に見舞われ、一同少し心配になる。

例年通り模擬店。
c0291710_2161456.jpg


同じく盆踊り。
c0291710_2155824.jpg



1940頃、何とか雨は止んで花火を早目に始めた。子供たちの歓声が上がる。
何故か今年も点火係に組み込まれる。


こうして息子の短冊の願いは叶った。
c0291710_216171.jpg


先生方、役員の皆様、お疲れ様です。

娘の入園前年から足掛け5年参加した幼稚園の夏行事も今年が最後。
少し寂しくもあり、成長を感慨深く思う蒸し暑い夜。
# by zakkan-daily | 2013-07-06 21:03 | 家族 | Comments(0)

車内放送

帰りの普通電車の車内放送で、駅到着を告げた後、

「今日も1日お疲れ様でした。気をつけてお帰りください」

という車掌の言葉を聴いた。

混雑する新快速から、空いた普通電車に乗り換えてきた乗客が一気に下車する駅での出来事だった。
沿線の通勤事情を知っていてこのような言葉を付け加えたのだろう。

その放送に、思わず顔ほころばせて見合わせる乗客もいた。

車窓は土砂降りでも晴れやかな気分になった。



鉄道のような運輸業は安全にお客さんを運ぶことが本分で、通常どおり切符を販売して乗り換えや到着案内さえすれば、お客さんは迷うことなく、電車を利用することができる。

しかし、電車は人間を運んでいるということ。
夕方には、家路につく「お疲れ様」の人たちを運んでいるということ。


「場所に届けるんじゃない、人に届けるんだ!」

という某宅配便のCMに通じるものがある。

商工農、全ての職業に共通すると思う。




実は今日、或る職員から、

「みんなプレゼン能力が足りないから身に付けてもらいたい。自分でよければ教えてあげるから時間を取ってもらえないか」

という押しつけがましい提案を電話口で聞いた。
当人にとっては自分の能力を生かして、組織を底上げしたいと考えているつもりだろうが、聞いている側は非常に気分が悪い。
そのような人間が教育・指導をしても自己満足になるだけで人は育たない。
むしろ、厳しく対峙しないと厄介なことになる。皆の前で面と向かって言わないと・・。

時に、人は自分の能力や知識の未熟さに気づかず惑わされて、謙虚さを忘れてしまうことがある。
それは趣味の世界でも同じ。

例えば私が、人の作品にいちいち「パッとしない鉄道写真だ」とか「荒削りで観察できてないジオラマだ」等と言ったらイヤな気分になるでしょ?


そんな1日の帰りに聞いた車内放送。


私はこの車掌さんのような、お仕着せではない真心のサービスを提供することが出来るだろうか。
# by zakkan-daily | 2013-07-04 22:19 | 雑感

新潟色

c0291710_21503537.jpg


新潟地区に2014年度から新型電車が投入されるという。
E129系という。略してイイ肉?

160両製造され、既存車を全て置き換える計画。115系と同じクロスシートだという。
今や新潟地区は国鉄型最期の砦で、新潟地区向けに投入された115系は35年以上走っている。
私にとっても学生時代から今日にかけて馴染み深い電車。

115系ではトリコロールカラー、グリーン帯、ブルー濃淡、各種変遷をたどった新潟色。
私はトリコロールが好きだった。


新型電車のイラストは赤と黄色のライン。

このカラーは1977年頃まで活躍した、元祖新潟色・70系を髣髴させる辺り、好感が持てる。
設計者に若かりし頃70系に親しんだ方がいたのだろうか。

c0291710_2281325.jpg

東三条駅付近を走る70系電車の画像を見つけた。1976年と記してあった。
後方に今は無き「マルヨシ」のアドバルーン?が見える。

新潟といえども都市部はそこそこラッシュがあり、20年ほど前までは通勤時間帯に急行用の165系で不評を買っていたこともあった。マニアには嬉しいだろうが非効率だった。

そんな「国鉄新潟」に秋風が吹き始めた。
そのうち、C57-180以外はステンレス車なんてことに?



2015年春、北陸新幹線開業時、並行在来線となる北陸本線(市振~直江津)、信越本線(直江津~妙高高原)は第3セクターの「えちごトキめき鉄道」に転換される。(「ときめきトゥナイト」じゃないよ)
交直セクションのある北陸本線区間では、高価な交直流電車の製造コスト削減のため、気動車による運行で姫新線のキハ122タイプが導入されるという。
(そりゃ新潟トランシス製造ですから)
http://response.jp/article/2013/03/27/194552.html

ちょっと驚いたのは、糸魚川市での説明会で長大トンネルが続く区間に気動車は危険だという住民の反対があったそうだ。いかにも感情的な意見で、明治時代の鉄道忌避に似ているような気がする。(汽車が走ると作物が枯れるとか、火事になるとか)
実際、30年位前まで糸魚川~直江津は気動車による普通列車が走っていた。同じ北陸線、近江塩津にデッドセクションがあった時代も同様で、交直セクション付近では気動車が日常的に見られた。

ワタシは毎日気動車に乗ってますのに・・。


この先、約2年で大きな変革を遂げる新潟地区の鉄道に目が離せない。
# by zakkan-daily | 2013-07-03 22:59 | 鉄道
妻です。

最近まで私の洋裁部屋にテレビを置いていたんですがね、下の部屋に移動したことで急に淋しくなり、代わりにラジオを聞きながら作業するようになりました。

テレビショッピングの誘惑からは解放されましたが、ラジオにもあるんですね~( ̄∇ ̄*)ゞ。
…ラジオショッピング。、


んで、うっかり買ってしまいました。

c0291710_23431119.jpg

「千年酵素」

最近痩せにくくなったと感じるのは、加齢による酵素不足が、原因。
体の外から酵素を補って、若い頃の代謝の良い体を取り戻そう、という、ま、健康食品の一種ですわ。

痩せないだろ~な~054.gifと思いつつ、だまされたと思って飲んでます( ̄∇ ̄*)ゞ。


さて。


世間はバーゲンの季節です。

「市場調査」「ファッション研究」と称して私も洋服買います(*^^*)。

でも。やっぱりなんとな~く、納得できずに帰って来ました。

いつも自分の体型と好みにジャストフィットの洋服を着ているので、万人の体型&センスに合わせた洋服が何となくしっくり来ない…。

んで、帰って来たその足で製作にgo!!

c0291710_23574989.jpg


YUWAのミュールーズコレクション、上品なローズプリントのリネンを使ったマキシ丈スカートです。

何年ぶりかのゴムじゃないスカート( ̄∇ ̄*)ゞ!

多少は手間ですが、手作りならでは。
私のデカ腹にジャストフィットです。

あ、マネキン細いから、ウエストだけつまんでンの(。-∀-)。

c0291710_004624.jpg

綿麻のダンガリーにもよく合います。

丈も、私だけの長さに。
くるぶしまで隠れるマキシ丈、手作りならではですね。

正直、バーゲンで買うより布代高くついてますが、

…いんでない(*^^*)??

「スカートは苦手」と思っていましたが、これなら穿けます。
# by zakkan-daily | 2013-07-02 23:37 | 手仕事 | Comments(0)

今年も後半へ

ブログをサボッていたら早7月。
梅雨とは思われない清々しさ。


さて、息子の幼稚園から、今週末に催される夏祭りの案内が届いた。

2歳離れた2人の子供なので、どの行事も合計4回あるから・・・等と思っていたら、我が家にとっては今年が最後の幼稚園。


「仕掛け花火の準備よろしくね。早目に出てきてUさんに教えてあげてね」

「何のこと?」

「昨年、パパさんに伝授したってみんなが言ってたよ。まさか忘れてないよね?」

「!」

その「まさか」・・・


ヤバイ、思い出すんだ・・・


インターネットを開け!

夜空に光る花火、流れ星のような花火、流れ星の如く走る夜行列車・・・結局関係ないサイトを開いてしまう・・・。


ここにきて「トワイライトエクスプレス」モデルの年末リリースが発表。
大変だ!と思っているファン諸兄は少なからずいるだろう。

あれこれ欲を出して無理に買ったものを結局某オクで処分したり、不毛なことを繰り返して情けない有様。
だったら最初から買わなくていいのに。何の趣味なのか分からない。
でも先立つものがないと生活できなくなっちゃうし…。

♪貧乏を してもこの家(や)に風情あり 質の流れに借金の山(あ~ヨイヨイ)

十代目 桂文治 「掛取り」より

※年末、借金取りに言い訳を考える夫婦。「相手が好きなものを言えば、うまく追い返せるだろう」と算段した。
狂歌好きの大家に、詠んだ落語の一節。

なかなか面白い狂歌だ。



今年はどんな夏になるのでしょうか!?
# by zakkan-daily | 2013-07-01 23:05 | 雑感 | Comments(0)

リネンパンツの手仕事

妻です。

オーダー品です。

c0291710_23514616.jpg


私が数年前、イベントで出していたものをずっと愛用してくれていたKちゃん(*^^*)。

擦りきれるまで穿いてくれました。

ありがとう…。

今回も同じものを、グレイのリネンで作り直しました。

もう一度、彼女の愛用の一着になってくれたら嬉しいです(*^^*)。
# by zakkan-daily | 2013-06-27 23:50 | 手仕事 | Comments(0)
妻です。

昨日は洋裁教室。
義母のポリエステルブラウス、ほとんど家で縫ってあったので、襟と前立てをつけて完成させることができました(*^^*)。

c0291710_22573721.jpg


前見頃の端は、とも布のバイアステープを使ったパイピング処理。

テロンテロンのポリエステルを同幅でひたすら斜め45℃に裁つのは至難の業(´Д`)でした。

c0291710_2303441.jpg


襟。

c0291710_231460.jpg


表襟と裏襟のサイズをビミョーに違えるのは、前回リバティシャツで習得した業。

ん~。

細やかな違いだけど、やっぱり仕上がりに差が出ます!!

数年前に仕立てたシャツワンピと比べると一目瞭然。
ふっくら柔らかなカーブの襟に仕上がったぞ(*^^*)(自画自賛!!)。

ボタンをつけて完成(~▽~@)♪♪♪



…のはずが。

何と!!(゜ロ゜ノ)ノ

ボタンの付け方が右左逆だった…(。-∀-)

紳士物の左前…(。-∀-)



アハハハハハハハ(~▽~@)♪♪♪



…ごめん(。-∀-)。


あ。

ところで話は変わりますが、私が以前縫ったアラベスク柄の柄パンツ!!


c0291710_2374774.jpg


これと全く !!!同じ布のパンツがピオレ姫路に売ってたんです!!(゜ロ゜ノ)ノ

稀に、服地屋さん(今回はひできですが)で布を買うと、アパレル素材とかぶるときがあるのですが、さすがに自分仕立ての洋服と同じ物に出会ったのは初めてです。


穴が空くほど見てたら、店員さんが
「ご試着もできますから、どうぞ~(*^^*)」
と売り付けてきました。

材料費2000円ほどのパンツでしたが、
何と

いちまんにひゃくきゅうじゅうえん
でした!!(゜ロ゜ノ)ノ


勝った!!

ぴおれに!!!!


洋服はなにも買わなかった癖に、ナゼか妙な達成感を味わって帰ってきました( ̄∇ ̄*)ゞ。

チャンチャン♪
# by zakkan-daily | 2013-06-25 22:56 | Comments(0)